大城バネサは今…|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」あの人は今…大追跡SPで大城バネサさんの現在について放送されました。

 

NHKのど自慢をきっかけにブレイクした元祖外国人歌手が大城バネサ(おおしろばねさ)さんです。大城バネサさんは沖縄出身の祖父母を持つアルゼンチン出身の日系2世で、幼い頃から祖母の影響で演歌に親しみ2001年のど自慢アルゼンチン大会に出場すると優勝。大手レコード会社からスカウトされ、家族を引き連れ日本に移住しました。しかし、デビューするもヒット曲に恵まれることなく表舞台から姿を消しました。

 

もともとアルゼンチンで小さな弁当屋を営み、決して裕福ではなかった大城一家。大城バネサさんが19歳の時、のど自慢をきっかけに日本の大手レコード会社から声がかかると、両親は弁当屋を閉め日本行きを決意。しかし、出すCDは全て売れず契約解除。収入が無くなって住んでいたマンションにも住めなくなり家族3人ホームレス寸前に。

「良い時は色んな人たちもいるんだけど、ストンと何か悪い時に人も去っていくっていうの初めて味わった」(大城バネサさん)

成功を夢見た日本で味わった挫折。救ってくれたのは大城バネサさんのファンの女性でした。岐阜県に住む青山るみさんは大城バネサさんに住居を用意し移住を提案。そして現在は岐阜県で父と二人暮らしをしています。母は祖母の介護のため帰国中だそうです。築45年、アパレル会社のオフィスとして使われていた場所をリフォームして住居にしています。

 

そして大城バネサさんは3000万円を青山夫妻の保証人で借り、喫茶店のオーナーになっています。喫茶店を始めたきっかけはブラジルにコンサートで行った時に幻のコーヒー豆に出会ったからだそうです。それは天皇陛下がブラジルを訪れた際にも出されたというカサイコーヒー。その味に魅了された大城バネサさんはブラジルに行き住み込みで修業。コーヒーの木の栽培から豆の選別を一から勉強。バリスタの資格を取得し、日本に初めてカサイコーヒーを持ち込みました。そして2010年、一発逆転を狙い「カフェテリア・バネサ」をオープンさせました。1か月の売り上げは80万円だそうです。開店から7年、売り上げは全て借金返済にあて3000万円の借金を完済しました。そして今では歌手活動も再開し、2015年にリリースした「俺の漁歌」が5万枚の大ヒット。大城バネサさんはどん底から一発逆転、大成功しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。