逸見太郎|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」2世タレントの苦悩SPで逸見太郎さんについて放送されました。

 

2世タレント逸見太郎(いつみたろう)さん(40歳)の父親は国民的人気アナウンサー逸見政孝(いつみまさたか)さんです。逸見政孝さんは「クイズ世界はSHOW BYショーバイ!!」や「平成教育委員会」などの司会をつとめ日本のバラエティーアナの草分け的存在。しかし1993年、人気絶頂のさなかがんを告白。そして会見の3ヵ月後48歳の若さで亡くなりました。

 

逸見太郎さんは父の死後、北野武監督映画で俳優デビュー。その後も夕方の人気情報番組の司会やバラエティ番組へ次々出演。しかし、そんな逸見太郎さんは月収2万8000円で地獄の生活を送っていると言います。実は2012年3月、司会を務めた情報番組を卒業。すると、他の番組も打ち切りが相次ぎ瞬く間にレギュラー番組が激減してしまったのです。仕事は月に1週間程度という現在。オフの日は公園で筋トレをしたり、喫茶店で勉強したり、スーパーで特売品を買い自炊をしたりしているそうです。仕事も収入も不安定なため倹約生活をしいられています。

 

さらに、逸見太郎さんは逸見家の遺産相続の問題も抱えています。原因は父・逸見政孝さんが1992年に建てた「逸見御殿(いつみごてん)」です。130坪の敷地にレンガつくりの3階建て、間取りは7LDK。内装も逸見政孝さんがこだわりぬいたもの。総費用は12億円にもなりました。しかし、新居に暮らし始めてわずか4ヵ月後にがんが発覚。父は返らぬ人となりました。家のローンは母・晴恵(はるえ)さんの努力で全て返済。そして、それを見届けるかのように2010年に晴恵さんは亡くなりました。現在は妹の愛さんと逸見太郎さんの2人で暮らしています。

 

しかし、逸見御殿の光熱費は高額。13台のエアコンに、業務用の巨大冷蔵庫。1ヶ月の光熱費は10万円にもなると言います。現在はエアコンの使用を極力控え冷蔵庫も小さなものにして倹約しているそう。さらに、逸見家の固定資産税は年間400万円。稼いでも稼いでも家の維持費用に取られていってしまう状況なのです。そんな逸見太郎さんですが2013年1月23日に入籍したそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。