ブラームスの「バイオリン協奏曲」|ららら♪クラシック

NHK・Eテレの「ららら♪クラシック」でブラームスのバイオリン協奏曲について放送されました。

 

ただ音楽があるのみ

まだ無名の音楽家だった19歳のブラームスは伴奏ピアニストとして各地を旅していました。旅の途中で出会ったのが天才バイオリニストのヨアヒムです。すぐに意気投合し結びつきを深めていった二人。何よりも音楽家として目指すものが同じであったことが二人の絆を強めたのです。

二人が活躍した19世紀の音楽界は新たな音楽のスタイルを追い求めるようになっていた時代。主流になってきていたのはリストやワーグナーに代表される革新的な音楽でした。作品にタイトルをつけドラマチックな物語や美しい情景などを表現しようとする音楽です。しかし、ブラームスとヨアヒムはこの流れに反対。1860年、共同で生命を発表しました。

「彼らの作品は音楽の最も奥深い本質に逆らうものとして非難もしくは批判されるてしかるべきである」

二人が目指したのは純粋に楽器による表現だけで音楽を作ること。文学などの要素を排除し音そのものを大切にすることでした。志をたくし20年以上という歳月をかけて完成させた交響曲第1番の成功でブラームスは音楽の本質に迫ろうとする姿勢は間違いではないと確信しました。そして満を持して挑んだのがバイオリン協奏曲です。目標はバイオリンの音と技術を生かし内容が豊富で充実した作品を作ることでした。ヨアヒムはこの決意を何よりも喜び力を惜しまず作曲を支えました。

ブラームスとヨアヒムが音楽の本質を求め完成させたバイオリン協奏曲は二人の天才の絆から生まれたのです。

 

地味にスゴイ!

ブラームスの生きた19世紀はバイオリンの奏法が確立され、華やかな名人芸が人々を魅了する時代となっていました。しかし、ブラームスは時代の流れに逆らいソロバイオリンが派手ではない協奏曲を作りました。

1、地味に難しいテクニック
バイオリンのテクニックの一つ「重音」は、左手で二つの弦を押さえて異なる音を同時に鳴らします。パガニーニはこのテクニックで華やかさを演出しました。ブラームスのバイオリン協奏曲にも重音のテクニックが隠されています。

2、地味にオーケストラを盛り上げるソロバイオリン
単純な動きを繰り返すオーケストラにソロバイオリンもとても地味な動きです。ところが、二つが一緒になると音楽に命を吹き込むのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)