ベルリンの壁崩壊は歴史上最も素晴らしい勘違いで起こった|ザ!世界仰天ニュース

1989年11月9日、約30年もの間人々の自由を奪っていたベルリンの壁が崩壊しました。しかも、一人の負傷者もいない歴史上まれにみる平和的解決でした。それは、ある一人の勘違いから起こったもので「歴史上最も素晴らしい勘違い」と後に言われるようになりました。

 

1949年、第2次世界大戦に破れたドイツは東西2つに引き裂かれ、資本主義国の西ドイツと社会主義国の東ドイツが誕生。その時、東ドイツに位置したベルリンも西と東に分裂。つまり、東ドイツの中に西側の西ベルリンが存在することになってしまったのです。

 

やがて、東ドイツから多くの国民が豊かさを求めて西へ流出しました。

 

1961年、東ドイツ政府は西ベルリンを囲む155kmにも及ぶを作りました。それがベルリンの壁です。東ベルリンから西ベルリンに入れれば、飛行機などで西ドイツへ行くことができ自由が得られますが、無断で壁を越えようとすれば射殺されることもありました。

 

そんな頃、東側のハンガリーは自由化へ向け歩き始めていました。すると、東ドイツの人々もハンガリーを経由して西ドイツへと渡っていく者が増え始めました。やがて、東ドイツでは旅行の自由言論の自由など改革を求める多くの人々が大規模なデモを起こし始めました。そんな動きに政府も困り果てていました。

 

新しい政令案

東ドイツ内務省では、国民の旅行について新しい政令を考えていました。旅券局長だったゲアハルト・ラウターは、デモを鎮めるための大胆な政令案を考えました。それは「外国旅行を無条件で認める」「出国ビザを遅滞なく発給する」という規制を大幅に緩和する政令案でした。

 

実は、当時パスポートを持っていたのは東ドイツ国民の4人に1人でした。しかも、出国のビザは何段階にも分かれていたため、申請だけでも日数がかかりました。そういうこともあり、これで西側へ一気に流出することもないだろうと考えていました。

 

そして、その政令案に「報道機関への発表は明日午前4時以降とする」という重要な一文を書き加えました。

 

午後4時、ゲアハルト・ラウターの考えた政令案は、共産党中央委員会で承認されました。この委員会に遅れて登場したのがギュンター・シャボウスキー。報道官に就任したばかりのギュンター・シャボウスキーは、記者会見の準備に追われ会議に遅れてしまいました。

 

ギュンター・シャボウスキーは、詳しい内容を全く把握せず書類を受け取りました。

 

運命の記者会見

午後18時、世界各地から200人もの記者が集まる中、運命の記者会見が始まりました。

 

「国民から非難を浴びている出国規制について政府はどうするおつもりですか?」

 

記者から質問をされましたが、ギュンター・シャボウスキーは委員会に遅刻したため、その件について内容を把握しておらず焦りました。

 

そこで、さっき貰った書類を見ると「外国旅行を無条件で認める」の一文が目に入りました。すると、ギュンター・シャボウスキーは「東ドイツ国民は自由に外国旅行をすることを許可します」と、報道解禁前の内容を話し始めてしまったのです。

 

記者からいつ発令するのか聞かれたギュンター・シャボウスキーは、目に飛び込んできた「出国ビザを遅滞なく発給する」を勘違いし「私が知る限りでは…今でしょう。東ドイツ国民は今すぐ全ての国境通過過点からの出国が認められます」と発言しました。

 

その頃、ゲアハルト・ラウターのもとへは法務大臣から「規制を緩めすぎなので修正してほしい」と連絡が入っていました。しかし、時すでに遅し。この会見はすぐさまテレビで大々的に報道され、人々はベルリンの壁に押し寄せました。

 

ベルリンの壁解放

何も聞かされていなかった検問所は群衆に大慌て。イエガー大佐は国民を出すことを決意しました。そうして午後11時30分、ついに30年間ドイツ国民を分断していたベルリンの壁が解放されたのです。

 

このベルリンの壁崩壊をきっかけに、翌年には東西ドイツが平和的に統合。それをきっかけに東欧の社会主義政権やソ連も崩壊。長きに渡る西側と東側の冷戦は、終結を迎えることになりました。

 

一つの大勘違いが歴史的な世界平和をもたらしたのです。

 

「ザ!世界仰天ニュース」

コメント