滝廉太郎に仕掛けられた陰謀「憾(うらみ)」|やりすぎ都市伝説

テレビ東京の「やりすぎ都市伝説2013秋」で天才作曲家に仕掛けられた陰謀について放送されました。紹介していたのは中田敦彦さん。

 

滝廉太郎(たきれんたろう)さんの代表曲といえば「荒城の月」です。実は「鳩ぽっぽ」や「雪やこんこん」などメジャーな童謡も作っていますが、一般的にはあまり知られていません。滝廉太郎さんが作った「はとぽっぽ」も「雪やこんこん」も当時とは違う曲になっています。私たちが知っている「鳩ぽっぽ」のタイトルは実は「鳩」です。また「雪やこんこん」も私たちが知っているもののタイトルは「雪」です。実は10年後に歌詞とメロディーを少しだけ変えて曲が作り直されているのです。

 

当時、子供たちのために曲を作ろうと文部省は考えていました。しかし、作った曲は堅苦しくしっくりきませんでした。そこに現れたのが若い天才作曲家・滝廉太郎さん。滝廉太郎さんの作るポップな曲が評判を呼び、面子を潰された文部省は滝廉太郎さんをドイツに留学させました。留学先で滝廉太郎さんは結核にかかってしまい、数年後に亡くなりました。そして滝廉太郎さんが残した楽譜は結核菌がついているかもしれないという理由で壊されてしまいました。

 

滝廉太郎さんの死ぬ前の最後の曲は「憾(うらみ)」という歌詞のない曲です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。