アヴェ・マリア誕生秘話|ららら♪クラシック

NHK・Eテレの「ららら♪クラシック」でアヴェ・マリア誕生秘話について放送されました。アヴェ・マリアはキリストを身ごもった母マリアを祝福する歌で、16世紀ルネサンス時代や19世紀ロマン派の時代に数多く作曲されました。

 

グノーのアヴェ・マリア

シャルル・グノーの「アヴェ・マリア」はパリで誕生しました。この曲には元になった曲がありました。バッハが作曲した平均律クラヴィーア曲集の中の「プレリュード」です。グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏部分は「プレリュード」をそっくり使っているのです。

ある日、グノーは即興でバッハの「プレリュード」にメロディーをつけながらピアノを弾いていました。それを聴いていた義父ジンメルマンが「とてもいい曲だね!世の中に発表してみては」とアドバイス。気を良くしたグノーは早速曲を仕上げて演奏会で発表しました。しかし、この時点では「アヴェ・マリア」という歌詞ではなかったようです。1859年にチャリティーコンサートで披露しようということになりました。大ソプラノのカルヴァロ夫人が独唱し、アヴェ・マリアの歌詞で初演されました。アヴェ・マリアの歌詞を誰がつけたかはよく分かっていませんが、グノーは宗教的なことに熱心だったと言います。

 

シューベルトのアヴェ・マリア

この曲はもともと違ったタイトルがついていました。イギリスの詩人ウォルター・スコットの詩集「湖上の美人」を題材にシューベルトが1825年に発表した時は「エレンの歌 第3番」というタイトルだったのです。これは若い娘エレンが自分と父親の命を救ってほしいとマリア様にお願いする歌です。冒頭にアヴェ・マリアという歌詞が出てくることから「シューベルトのアヴェ・マリア」というタイトルで有名になってしまったのです。作曲当時、様々な場所で演奏され大人気だったそうです。

 

カッチーニのアヴェ・マリア

イタリアのルネサンス時代フィレンツェで活躍したジュリオ・カッチーニの作品とされてきましたが、最近の研究では違う人物の作品ではないかと言われています。カッチーニは宮廷音楽家で教会には関係がなく、教会音楽は1曲も残していません。では一体誰が書いたのでしょうか?

カッチーニのアヴェ・マリアが録音されて最初に世に出たと考えられるレコードが1970年頃にロシアで発売されたものです。このレコードの3曲目にあるのが「アヴェ・マリア」です。作曲者については「16世紀の作曲家 名前は不詳」と書かれています。このレコードを発表したウラディーミル・ヴァヴィロフは、ロシアのリュート奏者でギタリストです。音楽院で作曲も学び自分の作品を他人の名前で発表することもあったと言います。彼は「これはカッチーニの作品だよ」と語っていたという共演者の証言もあったと言います。しかし、ヴァヴィロフはほどなくして亡くなったので真相は闇の中です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。