9.11アメリカ同時多発テロ 陰謀論|幻解!超常ファイル

アメリカ同時多発テロ事件は、公式発表されているよりも遥かに恐ろしい陰謀だったのではないかと疑いの目を向ける人々がいます。

 

「9.11」世界はだまされている?

2001年9月11日、アメリカ東部の空港を飛び立った4機の旅客機がほぼ同時にテロリストによってハイジャックされました。そのうちの2機はニューヨークにある世界貿易センタービル1号棟、2号棟に相次いで衝突。2つのビルは長時間立ち続けましたが、やがて崩壊。3機目の旅客機は国防総省「ペンタゴン」に衝突。4機目はペンシルベニア州の草原に墜落。犠牲者は3000人以上でした。

 

アメリカ政府は実行犯はオサマ・ビンラディン率いるアルカイダのメンバー19人と断定。この事件をきっかけにブッシュ大統領はテロとの戦いを掲げ、アフガニスタンやイラクに侵攻。イラクは大量破壊兵器を保有しているとしてフセイン政権を倒しました。

 

ところが、CBSが2015年に行ったアンケートで「真相が他にあると考えられる出来事は?」と質問したところ、24%の人が9.11アメリカ同時多発テロをあげました。つまり、アメリカ人の4人に1人は9.11の真相は明らかになっていないと考えているのです。

 

噂されている疑惑

  • 衝突したのは旅客機ではなく軍用機だ
  • 近隣のビル崩壊は証拠隠滅が目的だ
  • ペンタゴンにはミサイルが撃ち込まれた
  • 政府はテロの情報を知っていて無視した
  • 空軍が対応できなかったのは計画的だ
  • 監視カメラに旅客機は映っていない
  • ハイジャック犯はでっちあげられた

つまり、アメリカ同時多発テロはイラクなどに戦争を仕掛けるためアメリカ政府が仕組んだ自作自演だと言うのです。

 

疑惑?超高層ビル崩壊の謎

旅客機衝突後、1号棟は1時間42分も経ち続けていましたが崩壊しました。1時間42分後に何が起きたのでしょうか?

 

この疑惑を訴え、絶大な支持を受けているのが神学者のデヴィッド・レイ・グリフィンさんです。あの崩れ方こそ政府の陰謀の証拠だと主張しています。

 

ビルを崩壊させられるのはただ一つ。制御解体という方法です。

(デヴィッド・レイ・グリフィン)

 

制御解体とは

ダイナマイトなどの爆発物を使い一瞬でビルを倒壊させる技術のこと

 

周囲への影響を防ぐため、できるだけ垂直に崩れ落ちるように設計します。その崩れ方が似ているというのです。

 

超高層ビルを垂直方向に真っ直ぐ素早く崩壊させるためには、全ての柱が同時に破壊されなければなりません。新型で高性能の爆発物が使われたはずです。マスコミはこういったことを一般の人たちに教えないのです。

(デヴィッド・レイ・グリフィン)

 

「9.11」ペンタゴン破壊の謎

ペンタゴンの事件でも政府の自作自演を疑う声があがっています。その代表的な疑惑とされているのが、破壊された部分の幅です。

 

旅客機は低空飛行でペンタゴン1階部分に斜めの角度で衝突したと言われています。調査報告書によると、衝突によって損壊した幅は約36.5メートル。これを旅客機の侵入角度にあてはめると損壊した幅は27メートルとなります。しかし、旅客機の幅は38メートル。つまり、翼より狭い幅しか穴が開いていないのです。

 

この問題を指摘するのが元アメリカ陸軍少将のアルバート・スタブルバイン三世さん。冷戦時代から写真の画像解析と情報収集を担当していたと言います。

 

ペンタゴンに開いた穴はとても小さな穴でした。写真を見れば小さすぎなのがわかります。穴の大きさからみればミサイルなら説明がつくでしょう。つまり、公式の発表が間違っているということです。

(アルバート・スタブルバイン三世)

 

つまり、アメリカ軍がミサイルで攻撃したうえで旅客機が衝突と偽っていると言うのです。やはり自作自演なのでしょうか?

 

超高層ビルはなぜ崩壊したのか?

このような陰謀疑惑の一方で、政府や研究機関はどのような見解を出しているのでしょうか?

 

午前8時46分30秒、ボーイング767が世界貿易センタービル1号棟北側95-96階を中心に衝突。大量の燃料が爆発を起こしました。世界貿易センタービルは周辺の外壁に300本以上、中央のコアと呼ばれる部分に47本の柱が立ち並び、その内側を床が繋ぐチューブ構造と呼ばれる構造になっています。

 

衝突と爆発の衝撃により、外壁の柱が93-99階まで破損。内部のコア柱も多数損傷したと推測されます。それでも1号棟は上層階12階分、推定1万3000トンもの重量を損傷を免れた柱や最上層階にあるハットトラスという内部構造に分散することで1時間以上も支え続けました。

 

しかし、ジェット燃料によって発生した火災はビル内の家財などに延焼。激しい炎の熱は1000℃に達しました。この高熱が床を支える金属の骨組みに影響。もともと骨組みの表面は耐火材で覆われていましたが、爆発で剥がされたため強度が著しく低下。床が下へとたわみ始めました。

 

床のたわみは、外壁の柱を内側に傾けていきました。そのため、旅客機が衝突した反対側の外壁の柱が損傷。重みを支えきれなくなり、衝突から1時間42分後、上層階12階分が落下。その甚大な衝撃が下のフロアに一気にのしかかりました。崩壊が進めば進むほど、落下物の質量はさらに増加。この連鎖反応に下の階層は抵抗できず、みるみるうちに崩れていきました。

 

アメリカ国立標準技術研究所(NIST)の報告書は、ビルの崩壊は旅客機の衝突による構造上の損傷と、耐火材が剥がされたことによる構造物の急速な加熱、高熱による床のゆがみが外壁への負荷を増加させたことなど複合的な要因によるものだと結論付けています。

 

「9.11」ペンタゴン破壊の謎

アメリカ土木学会などがペンタゴンの被害状況を調査。2003年に「ペンタゴン建物性能報告」を発表しています。この調査に関わったのがパデュー大学工学部教授ミート・ソーゼンさん。

 

ペンタゴンの破壊された箇所の幅は翼の広がりに比べると小さいのは確かです。なぜなら、その破壊は衝突した物体の重量によってできたものだからです。柱を破壊したのは、旅客機の重量が集まる胴体近くの部分なのです。

(パデュー大学工学部教授ミート・ソーゼン)

 

旅客機の重量は機体の中央20m以内に集中しています。主翼に積載された燃料は中央部分の量が多く、これに胴体の重さも加わるためです。これはペンタゴンの穴27メートルに収まる幅です。

 

さらに、「ペンタゴン建物性能報告」では建物の手前30メートル程のところで右の翼が建設機器に接触。その後、左エンジンが地面に接触。旅客機はペンタゴンに突入する前に主翼がすでに破損していた可能性を示唆しています。

 

ペンタゴンの一部は外壁に鉄のフレームやパネルを埋め込み、窓には厚さ5cmの強化ガラスが使われるほど頑丈です。そこに旅客機の重量が集中する中央部分が穴をあけたと考えられるのです。

 

実際に大勢の目撃者が「旅客機が突っ込んできた」と証言しています。そして残念ながら乗客の遺体を大勢のペンタゴン職員が目撃しています。私は彼ら全員が嘘をついているとは思えません。嘘ならとっくにバレているはずです。

(パデュー大学工学部教授ミート・ソーゼン)

 

「9.11」陰謀論の真相は?

NISTの報告書は全部がウソです。まず調査を行ったNISTは商務省の下部組織なんですが、2001年当時商務省はブッシュ チェイニー政権によってコントロールされていました。NISTはとても優秀な科学者の集団ですが、仕事を失いたくなくてウソをつき続けているのです。証拠は私は持っていませんが、ネット上にはいくらでもあります。「ワールドトレードセンター 破壊」で検索してみてください。

(制御解体説を唱えるD・R・グリフィン)

 

 

(公式報告書は)読んでいない。ウソだとわかっているのに興味がわくわけないでしょう。(現場には)行っていない。写真を見れば完璧に分かるんだよ。

(ミサイル説を唱えるA・スタンブルバイン三世)

 

NISTがまとめた調査報告書は1万ページを超えています。そこには200人を超える専門家が3年がかりで行った無数の文献調査や1000人以上からの聞き取り、数千に及ぶビデオ映像や写真の調査、ビルの残骸の分析、実験とシミュレーションの結果が記されています。それらは今もNISTの公式サイトで公開され誰でも閲覧することが可能です。

 

世界中の専門家の目に晒される状態で捏造を隠すことなどできるのでしょうか?それとも、世界中の専門家が陰謀に加担しているとでも言うのでしょうか?

 

関わったのは構造解析。実際の構造物からとってきた材料を試験したり実験なども行われています。我々も解析を行ってコンピューターから出てきたデータをもとに報告書を書いておりますので、作り物だと言われると心外です。NISTも本気ですし我々も本気ですし、毎回NISTと会議をする時にはかなり白熱した議論を行っていました。

(エンジニア 北根安雄さん)

 

陰謀論はなぜ生まれる?

実際に「陰謀」は世の中にいっぱいあるわけですよ。ウォーターゲート事件とかイランコントラ事件とか、現実に陰謀っていうのはあるわけです。だから9.11に陰謀があった可能性考えることは悪いことではないんだけど、飛躍がすぎる。陰謀論はある種の人たちにとっては救いの神なんだと思うんです。社会的に問題が多い、ストレスが多い、格差が多いとか、「うまくいかないのは陰謀のせいだ」と思うとお人生が楽になる。

(アメリカ現代史研究家 奥菜秀次)

 

人はなぜ陰謀論を信じる?

2015年、心理学の視点からこの問題に取り組んだ本「疑う心 人はなぜ陰謀論を信じるのか?」がアメリカで出版され話題になりました。筆者は心理学者のロブ・ブラザートンさんです。

 

私たちは物事を判断するとき、情報を客観的に精査していると思いがちです。でも、実際は直感感性に基づいています。脳の中には先入観とでもいうべき「バイアス」が備わっていて、それが陰謀説を信じるかどうかのカギを握っているのです。

そうしたバイアスの一つに「志向性バイアス」があります。これは色んな原因が推測できる出来事に直面すると、脳が偶然ではなく「何者かの意図がある」と推測するものです。

我々の研究によると、このバイアスを受け入れやすい人は色んな原因がありうる出来事を誰かがわざと起こしたことと解釈し陰謀論に賛同しやすくなるのです。

(心理学者ロブ・ブラザートン)

 

ロブ・ブラザートンさんは、以前アムステルダムの大学で行われた実験を例にあげます。学生たちをそれぞれ紙やお菓子の包装で散らかっている机に座わせます。一つのグループにはまず机をキレイにしてから作業させ、もう一つのグループにはそのまま作業を進めるように命じました。その後、無作為のシミを見せると散らかったままのグループはキレイにしたグループより多く、そこには存在しない物の姿を見出したというのです。

 

机を片付けた場合、つまり秩序を自ら作り出せた場合、人は錯覚によるパターンを想像しにくいのですが、秩序が乱れたままだと脳のバイアスが関係のない情報同士を結んで誤った認識を生んでしまうのです。人は誰でも衝撃的な大事件などが起きるとそれを理解しようと全力でパターンを探し、情報をつなげて納得のいく説明をしようとします。でも、事件の衝撃によって秩序だって説明をする準備が整っていないと憶測による説明に賛同しやすくなります。そして、「その事件は陰謀だ」と言い出す人が現れるのです。

(心理学者ロブ・ブラザートン)

 

「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー」
シリーズ「陰謀論はなぜ生まれるのか?」
パート1 アメリカ同時多発テロ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。