消えた子どもたち ~届かなかった「助けて」の声~|NHKスペシャル

NHK総合テレビの「NHKスペシャル」で調査報告”消えた“子ども”たち~届かなかった「助けて」の声~が放送されました。

 

ナミさんの場合

福岡市郊外にある団地の一室に女の子が18歳になるまで母親に閉じ込められていました。小学校も中学校も1日も通うことができませんでした。自力で逃げ出しコンビニエンスストアで保護された時には18歳にも関わらず身長は120cm程でした。保護されて9年、ナミさんは行政の支援を受けアパートで一人暮らしをしています。ナミさんは幼い頃から外に出るなと言われ手や足を縛られたこともあったと言います。食事も1日1食だったり食べさせてくれない日がありました。さらにお風呂に入らせてもらえるのは5ヶ月に1回~1年に1回。仕事で留守がちだった父親は見て見ぬふりをしていたと言います。18歳で逃げ出すまで事態が発覚することはありませんでした。なぜ18歳になるまでナミさんを助けられなかったのでしょうか?学校の教員は家庭訪問をしていました。しかし母親は障害があるので外に出せないなどと話し、ナミさんとの面会を拒んでいました。学校はナミさんの姿を一度も確認することが出来なかったため児童相談所に相談。しかし、児童相談所は介入しませんでした。それは学校側が母親とは会って話が出来ていたため、リスクが低いと判断したからです。

 

社会から消えてしまった子どもたちは一体どれほど存在するのでしょうか?NHKは児童養護施設など全国1377ヶ所にアンケート調査を実施。834の施設から回答を得ました。その結果、義務教育さえ受けられないなど社会との関わりを絶たれていた子どもの数は保護されただけでも10年で1039人にのぼることが分かりました。その期間は1ヶ月から10年以上に及んでいました。アンケートからはホームレス状態となり姿が消えていた子どもたちがいたことも分かりました。その人数は85人。

 

ケンジさんの場合

ケンジさんは小学4年生から1年半も学校に通えませんでした。父親の事情で一家6人で夜逃げし、居所を隠すために車で転々としていたと言います。その間ケンジさんは学校に行きたいと両親に訴えていました。ケンジさんは父親が病死したことをきっかけに施設に保護されました。

 

マオさんの場合

保育士を目指し定時制高校に通うマオさんは母子家庭で育ちました。10歳の時、母親が精神疾患になったことをきっかけに生活が一変しました。母親の面倒をみながら家事の一切を担うようになり中学校の3年間、行きたくても行けない日々が続きました。担任は家庭訪問をしていましたが、自分の意思で学校に来ない不登校だと思っていたといいます。

 

ナミさんは今、児童相談所で子どもを支援するボランティア活動に参加しています。しかし人との会話に加われないこともあります。アルバイトを探そうと何度も履歴書を書いて面接を受けましたが不採用となり送り返されてきました。義務教育さえ受けられなかったナミさんは、保護された後で23歳で中学の卒業資格を取りました。しかし、他に書けることはありません。インターネットやテレビで虐待や母親という文字を目にするだけで今でも突然過去の記憶が蘇ってくると言います。保護されて9年経ちますが心の傷が癒えることはありません。

 

ユキさんの場合

ユキさんは中学2年生までの7年間、学校に通わせてもらえませんでした。ユキさんは施設に保護された当初、誰とも関わろうとしなかったと言います。18歳になり児童養護施設を退所したユキさんは自立支援のための施設に移りました。施設に来て半年後、ユキさんは自らを傷つける行動をとるようになりました。施設ではユキさんに寄り添おうとつとめていましたが、ここは自分に合わないと1年半で退所。その後、連絡が取れなくなりました。消息が分かったのは3年後、駅のホームから飛び込み自ら命を絶っていました。23歳でした。

 

志与さんの場合

介護福祉士として働く下村志与さんは小学3年生から母親の事情で学校に通えませんでした。母親は離婚をきっかけに次第にうつ状態となり「お母さんから離れないで」と志与さんに依存するようになったと言います。学校にも行けずにいた志与さんの異変に気づき声をかけたのが叔母の山田ゆう子さん。当時、家を訪ねたとき電気もつかない部屋で志与さんが無表情で佇んでいる姿に驚きました。志与さんの母親も今は精神的な安定を取り戻しつつありますが、当時は山田さんから学校に通わせた方が良いと言われても耳に入らなかったと言います。山田さんは母親と何度も話し合いを重ね志与さんを引き取ることにしました。そして小学生だった志与さんを育て高校まで通わせました。その後、山田さんは里親を始め、事情を抱えた子どもを養育しています。