小林亜也子は今…|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で小林亜也子さんの現在について放送されました。

 

1987年公開の「スケバン刑事」で準主役を演じたのが小林亜也子(こばやしあやこ)さんです。小林亜也子さんはこの映画のオーディションで7万8000人の中からグランプリを獲得。しかし、映画出演から1年で芸能界を電撃引退。表舞台から突然姿を消しました。

 

小林亜也子さんがわずか1年で芸能界を引退した理由は熱狂的なファンによるストーカー行為でした。スケバン刑事で人気絶頂だった17歳の時、ある朝家の前にファンが。しかもなぜかずっと笑っていたと言います。駅でも学校の前でも小林亜也子さんの前に現れてはただ笑っているだけのストーカー。当時の小林亜也子さんは芸能界デビューしたものの所属事務所がまだ決まっておらずマネージャーがいませんでした。そして、ついに通学電車に現れたストーカーは「サインください」と言ってきました。電車の中だったため小林亜也子さんが断ると、ストーカーはキレてきました。その日以来、ファンの行動が怖くなり逃げるように芸能界を引退しました。

 

その後、25歳の時に知り合った一般男性と結婚。一人娘を育てる普通の母親になった小林亜也子さんは家計を支えるためにパートの仕事を探し始めました。しかし、ストーカー被害の後遺症から対面恐怖症に。そのため選んだ仕事は時給800円のコールセンターの電話オペレーター。慣れない積極業、さらにクレームまがいの電話も多く苦戦する日々でした。そんな中、小林亜也子さんは優秀な電話オペレーター役を演じることで苦難を乗り越えました。この方法を覚えると仕事の成績はみるみる上昇。いつしか対面恐怖症も克服しスタッフへの接客マナーの指導係やコミュニケーション能力を育てる立場に出世。さらに小林亜也子さんの教え方は評判となり研修の依頼が殺到。一般企業や地方自治体などの社会人を相手にした人材育成の指導講師となり、年間約200本の研修や講習を行っています。そして今や社長に。そんな小林亜也子さんは熟年鉄道アイドルとしても活躍しています。仕事で全国を飛び回るうちに鉄道が好きになったという小林亜也子さんは「鉄子の部屋」という鉄道愛好家のグループを作り4000人以上が登録する会のリーダーになっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。