水野晴郎と西田和昭の同性愛疑惑の真相|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で水野晴郎さんについて放送されました。2008年に肝不全のため亡くなった映画評論家・水野晴郎(みずのはるお)さん。生涯独身をつらぬいた水野晴郎さんには借金疑惑や奇行、同性愛疑惑など数々の衝撃的な噂がささやかれました。

 

元お笑い芸人の西田和昭(にしだかずあき)さんと水野晴郎さんは長年同じマンションに住んで、常に行動を共にしていました。そのため一部報道では2人は恋人関係にあるとの噂もささやかれていました。水野晴郎さんと西田和昭さんが出会ったのは水野晴郎さんが48歳、西田和昭さんが22歳の時でした。お笑い芸人をやっていた西田和昭さんが「お笑いスター誕生」に出演し、そこで審査員をやっていたのが水野晴郎さんでした。このきっかけで公私共に水野晴郎さんの世話をするようになり、気づけばいつも一緒に過ごしていたと言います。テレビではスーツ姿で映画解説をする紳士的なイメージの水野晴郎さんでしたが、アメリカ警察が大好きで49歳でアメリカの警察学校に体験入校。さらに1996年には映画監督デビューも果たしました。映画のタイトルは「シベリア超特急」。水野晴郎さんは監督だけでなく主演もつとめました。第二次大戦前夜の鉄道内で起きた密室殺人事件を描いたミステリー映画。制作費は全て自腹で8000万円もかかったと言います。ところが公開初日お客さんはたったの2人だったそうです。それにも関わらず「シベリア超特急パート2」を製作。その後も「シベリア超特急」シリーズを撮り続け映画5本、舞台2本を製作。その総制作費は10億円にもなりました。しかし、シベリア超特急シリーズは一般的にはヒットしなかったものの、一部の映画好きには注目されていました。その理由の一つは豪華な出演者。水野晴郎さんの人柄により、数々の俳優が出演してくれたのです。

 

スタッフが西田和昭さんに水野晴郎さんと恋人だったのか聞くと「同性愛なんてのは超えてる」と言っていました。水野晴郎さんが残した映画「シベリア超特急」の続編ノートがあります。その思いを引き継いだ西田和昭さんは今年の夏、監督としてメガホンを取るそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。