私道をめぐり近隣住民とトラブル|とくダネ!

フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!直撃御免で私道をめぐり近隣住民とトラブルについて放送されました。私道や私有地をめぐっては所有者との間でトラブルが多く今、社会問題になっています。

 

私有地を主張して交通妨害

神奈川県茅ケ崎市の住宅街では通行を妨げるように自転車やごみ袋がおかれています。道幅は狭いのに車の往来が多い生活道路です。通学路にもなっていますが、自転車が通行の妨げになっています。こうした状況に住民たちも困惑しています。

「車がすれ違えない。何回も来ておられます。警察の方も。事故があるたびにね」(近隣住民)

冷蔵庫や古いプリンターなども放置され車が衝突するなど事故が絶えないのだと言います。こうした迷惑行為に及んでいるのは、この道路沿いの家に住む70代の女性。

「12、13年前からですね。今住んでいる方はここは自分の土地だと言い張っていますので。自転車だけでなく農作業に使う一輪車がありますね。鎖でくくってあるので簡単にはどかせないようになってましたね」(自治会長)

茅ヶ崎市によると、ここは市が所有している市道です。しかし70代の女性は道の一部を先祖の代から所有してきたと主張。道を塞ぐように自転車や時には冷蔵庫などを放置しています。

「自転車は7、8台撤去しています。撤去してもまた翌日にはどこから買ってくるのか分からないですが、すぐまたおかれてしまう状況」(自治会長)

取材中、70代の女性が出てきました。手にはチラシの束。それを近所の家の敷地に投げ入れました。また、農作業にでも向かうのが手には鎌も握られていました。実は、この近隣では70代の女性から嫌がらせをされたという住民が後を絶たないのです。

「お店の前に人糞をひと月、毎日まかれたことがあって。夜中にバケツで持ってきてバシャてまく」(近隣住民)

警察に通報したと言います。また女性に注意したところ思わぬ報復を受けたという人も。

「物が邪魔だと口論になった時、警察を待っている間に塀越しに物干しざおで頭を叩かれて。結局、塀の向こうに逃げられちゃって。警察の方が塀越しに話していたら、また同じように頭を叩かれて。かなり古い殺虫剤の缶に穴を開けてそのまま車にかけられて。缶の中がさびていて車が1か所真っ黄色になっちゃって」(近所に勤める人)

茅ヶ崎市は自転車などの撤去について女性に働きかけていますが、応じず今も住民とトラブルが続いていると言います。

 

自宅前の私道が突然廃止に…

仙台市に住む野上さん(59歳 仮名)は突然、自宅の前を通る私道が廃止され困惑しています。問題の私道は地元の男性が所有する土地。道路の一部に駐車場が作られ野上さんの敷地と私道の境界線には男性によって建てられた高い壁が。なぜ私道が廃止されたのでしょうか?

土地の所有者である山内さん(59歳 仮名)によると「固定資産税とか税金は発生しますけど、その分を稼がなくてはいけない。集合住宅を建築するとか駐車場の整備ということでの土地の活用っていうことですね」とのこと。山内さんが所有している私道は固定資産税が課される対象でした。そこで駐車場やアパートを作り土地を有効活用しようと仙台市に私道の廃止を申請。許可が下りたと言います。

しかし野上さんには仙台市から何の連絡もなかったと言います。市からは「今回のケースは住民に通告する必要がない」と言われたそうです。さらに思わぬ不具合が。野上さんは敷地内に新しく家を建てました。新居と2軒分の水を賄うには水道工事が必要ですが、水道管が壁の下にあるため工事ができない事態に。野上さんが仙台市に相談すると私道の廃止を撤回しました。

これに対し山内さんは「いったん仙台市が認めたことを仙台市のミスでまたもとに戻すのは我々にとってはすごく不利益」と言っていました。山内さんは今、市を相手に裁判を起こしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)