ギプスがやめられないギプス依存症のケヴィン・キャスター|ザ!世界仰天ニュース

アメリカ・イリノイ州に住むケヴィン・キャスターさん(30歳)はギプスがやめられないのだと言います。

 

彼が3歳のころ、近所に住む女の子が骨折し、ギプスを巻いているのを見たのがきっかけでした。ギプスをうらやましく感じたケヴィン・キャスターさんは、親の目を盗みトイレットペーパーを体のあらゆる場所に巻き付けるように。とはいえ、一人っ子で恥ずかしがり屋な性格だったため、それをするのは家の中だけでした。

 

ところが、中学生の時ローラーブレードで転んで左腕を骨折。初めての本物のギプスをつけることになりました。

本物のギプスをつけたあの感覚が忘れられなかったんだ。そして、すごく注目されて人気者になったんだ。それ以来、人前に出るのが好きになったんだ。

(ケヴィン・キャスターさん)

恥ずかしがり屋だったケヴィン・キャスターさんにとって、ギプスは人生を変える最高の道具となりました。

 

それ以来、自分でギプスを買ってきては自分で巻く日々。やがて、ギプスをしていないとダメなギプス依存症になってしまいました。仕事は芝刈り機の修理工ですが、これまで700万円以上ギプスに費やしたと言います。

 

これまでも沢山の人にギプスをやめなさいと言われました。でも、その意味が僕には分からないんです。これは僕という人間の一部。これほどカッコイイものを隠す必要はないと思っています。

(ケヴィン・キャスターさん)

 

「ザ!世界仰天ニュース」
ギプスがやめられない男性



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。