スレンダーマン事件|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」でスレンダーマン事件について放送されました。2014年、アメリカでオカルト話が少女達を狂わせ、とんでもない事件が起こってしまいました。

 

少女Mは幼い頃から内向的で一人空想するのが好きでした。周りからは変わり者だと見られ、友達はほとんどいませんでした。それは少女Aも同じでした。学校で疎外感のあった二人はスクールバスで出会い、話すようになりました。そして、すぐに意気投合しました。

 

そんな二人は都市伝説をまとめたオカルトサイトにハマっていました。特に心を奪われたのがスレンダーマンでした。スレンダーマンは身長2~3メートルの巨人で手足が異常に長く顔がありません。時に背中から沢山の触手を伸ばし子どもをさらうと言います。2009年にインターネットサイトに加工画像が投稿されたのがスレンダーマン伝説の始まりだと言います。ネット上では作られたスレンダーマン情報が拡散されました。いつしか行動パターンも定着しました。スレンダーマンは子供のいる所に現れて誘拐。瞬間移動ができプロクシーと呼ばれる手下がいるのです。目撃情報まで相次ぎました。

 

しかし、スレンダーマンを信じる言動により学校ではますますからかわれました。そして、みんなを見返したいと思うようになりました。そんな時、少女Mは「人を殺したらプロクシーになれる」という情報を目にしました。スレンダーマンのプロクシーになるため12歳の少女たちは恐ろしい殺人計画を練り始めました。

 

恐ろしい計画のターゲットになったのは少女Mの幼馴染の同級生でした。2014年5月31日、3人は近くの森で遊ぶ約束をしていました。そして、かくれんぼのような遊びをして視界を塞ぎ、少女Mは家から持ってきたキッチンナイフで友人の全身19か所を刺しました。刺し傷のいくつかは臓器にまで達する深いものでした。少女AとMは、これで願いが叶うと、あてのないスレンダーマンの屋敷に向かったと言います。一方、刺された少女は力を振り絞って道の近くまで這い出し通りかかった男性に発見されました。すぐに救急搬送され一命をとりとめました。刺された少女の証言から少女Mと少女Aの犯行だということが判明。そして二人は歩いているところを発見され逮捕されました。

 

空想の怪人に取り憑かれ友人を刺した二人の少女達は犯行の後、現実に気づき言い争い、憧れの怪人に助けを求めました。しかし、スレンダーマンは現れませんでした。

 

ウィスコンシン州の州法は、第一級殺人未遂罪では10歳以上で成人と同じく扱われ有罪となれば最高65年の禁固刑となります。弁護側は少年法で裁かれるべきだと主張しています。2017年夏に裁判が始まる予定です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。