ミギンゴ島「ヴィクトリア湖の人が集まりすぎる島」|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で人々が集まりすぎる島について放送されました。世界屈指の人口密度を誇る島がアフリカ・ケニアのヴィクトリア湖にあるミギンゴ島。ヴィクトリア湖は世界で3番目に大きな湖で、面積は九州の1.6倍もあります。ミギンゴ島はヴィクトリア湖の東にあり面積は約2000㎡。サッカーグラウンドの半分ほどです。そこにぎっしりと建物をたて人々は生活しています。住んでいる人は現在ケニア人が約200人、ウガンダ人が約200人、合計400人。しかし、一番多い時は900人もいたそうです。

 

島の建物はすべてトタンで出来ています。平均家賃は5000Ksh(約5500円)ですが、これは陸地にある普通の家の2倍もします。島にお店や美容院はありますが、ガス・電気・水道はありません。そのため携帯電話の充電屋さんがあり、ソーラーパネルで発電しています。ミギンゴ島には毎日陸から物資が届きます。そのためお店は品揃えも豊富で生活に不自由はなさそうです。しかし、なぜ不便で狭いミギンゴ島に沢山の人が住んでいるのでしょうか?

 

それはナイルパーチが獲れるからです。ナイルパーチはヴィクトリア湖に多く生息し肉質もクセがない白身であることから食用として需要が高く全世界に輸出されています。大きいものでは体長2m、重さ200kgにもなります。ナイルパーチは日本でも安くておいしいと人気があります。ナイルパーチは現在1kg当たり230~300Ksh(約250~330円)で取引され、ミギンゴ島から沖合いに行けば行くほどナイルパーチが多くとれるためミギンゴ島はその拠点となり栄えているのです。現在、島の住人の約4分の3が漁師とその家族。漁師が集まることで島の景気が良くなり商売をしている人も潤います。そのためより多くの収入を求める人でミギンゴ島は大人気なのです。

 

ミギンゴ島のすぐ隣にミギンゴ島より大きなウギンゴ島がありますが、家もまばらで数十人しか住んでいません。かつてウギンゴ島も約100人が暮らしていましたが、ケニア政府による規制でこの島での商売が禁止されてしまい、島の大半の住人が出て行ってしまったのです。さらにミギンゴ島の近くにはもっと大きな島ピラミッド島もありますが、ピラミッド島には誰も住んでいません。それはピラミッド島が昔から悪霊が住むと人々に恐れられているからです。今まで一人も住んだ人はいないそうです。こうして3つの島の中で一番小さいミギンゴ島が一番賑わっているのです。しかし今ミギンゴ島に住む人たちには深刻な悩みがあります。それはナイルパーチの漁獲量が下がっていること。原因ははっきり分かっていないそう。島民はかつての半分400人ほどになりました。島の人たちは以前のようにナイルパーチが大漁に獲れることを願っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。