黛ジュン 大物政治家との愛人生活を初告白|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で黛ジュンさんの禁断の初告白について放送されました。

 

黛ジュン(まゆずみじゅん)さんは、1968年「天使の誘惑」で日本レコード大賞を受賞。紅白出場4回、シングル総売上は550万枚以上にもなります。しかし、私生活では離婚、婚約破棄を繰り返し芸能界屈指の恋多き女として世を騒がせました。

 

現在、68歳になった黛ジュンさんは2LDKの自宅で独り暮らしをしています。住んでいるマンションは若い頃に稼いだお金を貯め30年前に建てたものです。そのため、今はマンションの管理人をしています。そんな黛ジュンさんの心の支えは4匹の愛犬です。

 

黛ジュンさんは1948年、東京都豊島区に生まれました。1964年に歌手デビュー。当時のイメージは清純派歌手。しかし、その裏でいくたの泥沼の恋を重ねていました。

 

1970年、超多忙な日々を送っていた黛ジュンさんはレコーディングで売れっ子イケメンベーシストと出会いました。黛ジュンさんは出会ったその日に電話番号を聞き、勢いで結婚。しかし、2年で離婚。24歳の若さでバツイチになってしまいました。

 

1977年、黛ジュンさんは外国人男性との婚約を発表しました。相手はタイ人シンガーのH・M。二人の出会いはタイのホテルで行われたディナーショー。すぐさまHと意気投合し電話番号を交換しました。1か月後、Hは来日。盛り上がった二人はデュエット曲「ラブ・トレイン」を発表。愛に突っ走る二人の情熱を歌い上げました。しかし、「ラブ・トレイン」は全く売れませんでした。すると、Hはアメリカに行くと言い出し黛ジュンさんに渡航費を要求してきました。黛ジュンさんは旅費と当面の生活費300万円を渡しました。後日、Hのタイ人の妻から電話がかかってきました。Hはタイに妻子をおいて来日していたのです。慌ててHに連絡をとるも音信不通になっていました。

 

1984年、黛ジュンさんは大物政治家X主催のパーティーに呼ばれコンサートを行いました。その後、Xの事務所に呼ばれ、10個以上の高級指輪を渡され好きなものを選ぶように言われました。黛ジュンさんはパールとダイヤの指輪を貰いました。しかし、その裏には愛人契約がありました。宝石の輝きに負け、当時妻子がいたXの愛人となりました。ちなみに黛ジュンさんは4人目の愛人だったそうです。その後、Xからファーストクラスでの世界一周旅行に誘われ同伴。しかし、パリでディナー前にメイクをしている時に鏡に写ったXを見てゾゾッとした黛ジュンさんは旅行の途中で一人帰国しました。

 

1990年、黛ジュンさんは3回目の婚約発表をしました。相手は6歳年下のドラマーで、交際期間は7年。参列者200人の盛大な披露宴を行いました。しかし、3年で離婚。離婚原因は収入の格差でした。当時、彼の収入は黛ジュンさんの10分の1。しかも、婿入り婚で黛ジュンさんの自宅で生活していました。

 

1998年、黛ジュンさんは銀座の有名クラブでアメリカの医療機器を日本に輸入していた大富豪の社長を紹介されました。彼はアメリカ在住で現地に妻子がいましたが頻繁に来日。大富豪との不倫は2年続きましたが、彼が妻に話してしまったため二人は別れを決意しました。

 

2001年4月、黛ジュンさんは4度目の婚約会見を開きました。相手は有名作詞家。しかし、婚約会見から2ヶ月後に破局を発表しました。実は婚約会見から1ヶ月後、彼が突然浮気を疑いはじめました。イタコのお告げだと言うのです。これはイタコ破談とよばれ、当時話題を集めました。

 

以来、黛ジュンさんは16年間男性と付き合うことなく独身として生きています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。