岩井友見が片目を失明した過去を告白|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうざふらいでー)」で岩井友見さんの衝撃の過去について放送されました。

 

女優の岩井友見(いわいゆみ)さんは1951年に芸能一家に生まれました。父親は歌舞伎役者の岩井半四郎さん、そして妹は女優の仁科亜季子さん。岩井友見さんのデビューは18歳の時、大河ドラマ「竜馬がゆく」で人気女優に。一月に16本の映画に出演する目が回るほどの忙しさでした。

 

しかし21歳の時、ドラマ撮影中の乗馬シーンで馬が暴走し頭から落馬してしまいました。岩井友見さんは大丈夫だと言って撮影を続行しました。ところが10ヵ月後、網膜剥離になってしまったのです。左目は完全に失明してしまいました。岩井友見さんはもともと強度の近視だったため、網膜剥離の症状に気づくことができませんでした。落馬によって出来た傷は10ヶ月の間じりじりと引きちぎれ、もはや修復不可能な状態になっていました。残った右目の視力も0.08しかなかったため、家の中でも危険がいっぱいでした。生きていても意味がないと自殺を考えたこともあると言います。

 

そんな岩井友見さんに舞台への出演オファーが届きました。舞台稽古の付き添いをしてくれたのが共演者の船戸順さんでした。その後、プラベートでも2人の距離は縮まり1976年に結婚しました。そして夫婦で共演したキャベジンのCMで岩井友見さんは完全復活をはたしました。キャベジンのCMは12年間も続き、2人は芸能界を代表するおしどり夫婦と呼ばれるようになりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。