プレイメイト殺人事件|実録!世界の愛憎ミステリー

テレビ朝日の「実録!世界の愛憎ミステリー妻VS夫 殺しの修羅場ファイル」でプレイメイト殺人事件について放送されました。

 

アメリカ・カルフォルニア州サンディエゴに住むライアン・ジェンキンス(32歳)は不動産業を営む青年実業家で、年収は2億円、誰もが羨む正真正銘のセレブでした。イケメンにも関わらず偉ぶることのないナイスガイ。しかし、心に秘めたプライドは人一倍高かったのです。

 

2009年3月、ライアン・ジェンキンスはラスベガスで運命の出会いを果たしました。見た目とは違い堅い話題もさらりとこなすジャスミン・フィオレ(28歳)です。ジャスミン・フィオレは「PLAY BOY(プレイボーイ)」のセクシーモデルでしたがTVリポーターもこなす才色兼備な女性です。ライアン・ジェンキンスは運命を感じ、出会って2日後に結婚。ライアン・ジェンキンスは妻に洋服や宝石、高級車にクルーザーなど欲しがるものは何でも買い与えました。しかし、ライアン・ジェンキンスは妻の周りに男の影を感じるようになり、妻のメールを見たり部屋を物色するようになりました。仕事を休み自ら妻を尾行しました。

 

ジャスミン・フィオレは他の男と連絡する用に2台目の携帯電話を持っていました。ジャスミンは自分にいいよる男を拒めない女でした。男にいいよられてこそ、自信が持てるタイプだったのです。ジャスミンの正体は何人もの男と浮気しまくる極悪浮気妻だったのです。

 

ライアン・ジェンキンスと妻は2人で旅行に行きましたが、旅行先でもジャスミンは浮気相手と遊んでいました。ライアン・ジェンキンスは2台目の携帯電話を発見し、妻の浮気証拠となる写真を見つけてしまいました。それはプライドの高いライアン・ジェンキンスにとって我慢のならないことでした。

 

妻への愛は憎しみへと変わりライアン・ジェンキンスは妻を殺害。指を切断し、歯も全て引き抜き遺体はバラバラにされカルフォルニア州郊外のゴミ箱で見つかりました。指と歯がなく手がかりがないと思われていましたが、シリコンによって身元がわれました。ジャスミン・フィオレは豊胸手術を受けていたのです。胸に残るシリコンにはシリアルナンバーが入っているため、そこからジャスミンだと特定されました。警察がライアン・ジェンキンスのもとに行った時、彼はすでに自殺していました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。