食べて認知機能を改善 ターメリック味噌の作り方|名医とつながる!たけしの家庭の医学

ABC朝日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で食べて認知機能を改善するターメリック味噌について放送されました。

 

カレーの認知症予防効果が期待され始めるきっかけとなったのが、カレーに使われるスパイスをよく使う北インドの2698人と、スパイスをほとんど使わないアメリカ人を10年間比較調査したところ、スパイスをよく使う人はアルツハイマー病の発症率が約4分の1であることが分かったという論文です。

 

認知症予防効果が期待されているスパイスがターメリック(ウコン)です。ターメリックは肝臓に良いとされ、2日酔い対策ドリンクなどに使われていますが、近年の研究でターメリックは認知症の予防効果が期待できると分かってきたのです。ターメリックに多く含まれるクルクミンが脳に良い作用をもたらすと言います。クルクミンは認知症を引き起こす原因となるアミロイドベータを除去する、溜まらなくする作用があると考えらえています。

 

たけしの家庭の医学では、カリスマ家庭料理研究家の奥薗壽子(おくぞのとしこ)さんがターメリックを使った和風レシピを開発していました。ターメリック味噌です。

 

ターメリック味噌の材料

かつお節(20g)、味噌(100g)、酒(大さじ1)、ターメリック(小さじ1)、オリーブ油(大さじ1)

 

ターメリック味噌の作り方

1、かつお節を電子レンジ(600W)で1分~1分半加熱する
2、かつお節を手で細かくする
3、かつお節と味噌、酒、ターメリック、オリーブオイルを合わせる
4、ラップを広げて、その上に味噌を出す
5、形を長方形に整える
6、10等分に切り分けて保存する

1回に使う分量は1塊です。このターメリック味噌をお椀に入れてお湯を注げば基本となるみそ汁の完成です。




コメント

  1. 味噌汁にそのままターメリックを入れるんでも良いのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。