風邪を防ぐ身体の中の毛&線毛の働きを活発にするミントタオルとミントマスク|名医とつながる!たけしの家庭の医学

テレビ朝日の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で風邪・インフルエンザを防ぐ身体の中の毛について放送されました。

実は近年の研究で風邪のウイルスにさらされる同じ状況でも風邪を引きやすい人と引きにくい人にはある違いがあることが分かってきました。東京女子医科大学病院呼吸器内科教授の玉置淳(たまおきじゅん)先生によると、身体の中に生えている毛のパワーを落とさないことが重要だと言います。線毛(せんもう)は私たちの鼻の奥から気管や気管支にかけてピッシリと生えています。その長さは100分の1ミリと非常に短いのですが、1秒間に15回という猛スピードで波打ち続けています。例え風邪のウイルスに感染したとしても、体内に入った多くのウイルスは線毛によって喉の奥へ奥へと猛スピードで運ばれ、やがて食道から胃へ到達。体に害を及ぼす前に胃酸で退治されます。線毛がきちんと働いていればウイルスを撃退し風邪を引かずにすむ可能性が高いのです。しかし、線毛のパワーが衰えると胃へと素早く運ばれず停滞し、気道から体内に侵入して増殖。鼻や喉に炎症を起こし、くしゃみや鼻水、咳や喉の痛み、発熱、頭痛といった症状を引き起こしてしまいます。この線毛のパワーが衰えやすいのがです。玉置先生いわく、線毛のパワーを落とす原因は厳しい寒さ水分不足だと言います。

 

線毛 冬の水分不足で働きが低下

冬になると空気が乾燥します。すると、自分では気づかないうちに皮膚や吐く息から水分が外へ出て行ってしまいます。夏であれば汗をかいて水分が出ていけば喉が渇いて水分を補給しますが、冬は自分で気づかないくらいじわじわと水分が出ていくので喉が渇く感覚がなく水分を積極的に飲まず水分不足になってしまうのです。線毛の上には粘液があります。外からウイルスが侵入すると線毛の上に乗って水分と一緒に喉へ運ばれて飲み込むか痰として外に出されます。しかし、冬の乾燥で体が水分不足になってしまうと線毛の粘液が減少。ウイルスが停滞してしまうのです。

ウイルスは体内に侵入すると細胞分裂によって増殖します。1個のウイルスが入ったとしても加速度的に増えていきます。朝に1個のウイルスが体内に入ったとすると、16時間後には1万個、24時間後には100万個にまで増殖します。ウイルスを少しでも侵入させないように線毛を元気に保つことが大切なのです。

 

風邪の予防に効果的な水分補給の仕方

闇雲にいっぱい水を飲めば良いわけではありません。1日に1.5リットルほどの水分が必要ですが、コップ1杯の水を1日で7~8回飲めば十分にその量を満たすことができます。少量の水をこまめに分けて飲むことが大切です。

 

線毛の働きを活発にする方法

空気が乾燥している冬は就寝中にも私たちの体は吐く息や皮膚から水分が蒸発しています。就寝中こそ水分不足から線毛の働きが鈍りウイルスの侵入を許してしまう可能性が高い危険な時間帯です。そんな就寝中に風邪のウイルスから守る方法がミントの香りを吸うこと。

 

ミントタオルの作り方

1、洗面器に水をはる
2、ミントオイル(ハッカ油)を7~8滴たらす
3、水の中にタオルを浸し軽く絞る

ミントタオルを寝室にかけておくだけで、就寝中タオルから揮発したメントール成分が線毛の働きを活発にしウイルスの侵入から守ってくれる可能性が高まるのです。

 

ミントマスクの作り方

1、霧吹きにミントオイルを1滴たらす
2、マスクに2~3回スプレーする




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。