肌ツヤが良い人と良くない人の差&肌ツヤが良くなる食べ物|この差って何★

TBSテレビの「この差って何★」で60歳を超えても肌ツヤが良い人と良くない人の差について放送されました。

 

肌ツヤが良いとは?

光を肌がキレイに反射する状態と言えます。つまり、光が肌からキレイに反射される状態だと肌ツヤが良く見えるのです。肌ツヤが良い人は皮丘(ひきゅう)がキレイに整っていますが、肌ツヤが良くない人は皮丘がほとんどない状態になっています。

 

皮丘を復活させる方法

皮丘を整えるのに一番重要な役目をするのが肌の水分量です。肌ツヤの良い肌は、皮丘の中に水分が多く含まれていることによって皮丘が立体的になっていると考えられています。一方で、肌ツヤが良くない肌は水分が少ないことによって皮丘が萎んでいる状態です。では、肌の水分量を保つためにはどうしたら良いのでしょうか?肌の水分を保つために大切なのが日頃の食事です。

 

肌ツヤが良くなる食べ物

1、とんかつ
豚肉にはビタミンB1という肌に良い成分が豊富に含まれています。さらに、揚げ物は肌ツヤに良いそうです。油は皮膚の上に薄い膜となって蓋の役目をしています。それによって中から水分が蒸発して逃げているのを防いでいます。しかし、油分は女性の場合20代から下がっていってしまいます。そのため、適度な油をとった方が肌のためには良いのです。

2、こんにゃく
こんにゃく芋に含まれるグルコシルセラミドはセラミドの原料になります。セラミドは肌の角質層の中にあり、水分をゼリーのように抱え込んでいます。肌の水分保持はセラミドが8割担っていると言われています。ちなみに、こんにゃくを買うさいは原材料名に「こんにゃく粉」ではなく「こんにゃく芋」と表示されているものの方がグルコシルセラミドを多く含まれているのでオススメです。一日の理想的な摂取量の目安は1枚だそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。