動脈硬化を防ぐ栄養素ビタミンB|名医とつながる!たけしの家庭の医学

テレビ朝日の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」血管の老化を止める2大栄養素SPで動脈硬化を防ぐ栄養素について放送されました。

 

動脈硬化を防ぐ栄養素とはビタミンBです。ビタミンBは、最新の研究で血管の老化を防止する可能性があることが分かったというのです。ビタミンBには他のビタミンにない特別な働きがあり、血管を老化させる物質を取り除く働きがあるのです。

 

ビタミンB群

ビタミンBは似た働きの複数の栄養素からなる群です。ビタミンB群には、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、B12、ビオチンがあります。特に血管に大事な働きをしているのがビタミンB6、B12、葉酸です。この3つ全てが豊富に含まれている食材がレバーです。

 

この3つの栄養素のうち、一つでも欠けてしまうと血管の老化防止は難しいと言います。というのも、私たちの体内では加齢などに伴い誰でも血管老化物質が増えてきます。3つのビタミンBは体内に入り血管まで達すると、まずビタミンB6が溜まってしまった血管老化物質の半分を撃退。続いて、残りの半分をビタミンB12と葉酸が撃退してくれることが近年の研究で明らかになったのです。つまり、3つのうちどれかが欠けても血管老化物質は完全には撃退されません。やがて、残った血管老化物質が血管をボロボロにしてしまうと考えられています。

 

しかし、レバーは好き嫌いがハッキリ分かれる食材です。レバー程ではないものの3つのビタミンをバランスよく含んでいるのが海苔です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。