睡眠不足が招く大病&睡眠の質を高める方法|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で睡眠の質を高める方法について放送されました。日本は国民の平均睡眠時間が世界でも2番目の短さ。また、睡眠時間が6時間未満の人が39.5%を占めている不眠大国なのです。睡眠不足は注意力の低下はもちろん、近年の研究でがんや認知症といった命に関わる病気とも関係していることが分かってきました。

 

侮るなかれ!睡眠不足が招く大病

最近の研究で睡眠時間が短いがんの発症率が高くなるという報告があります。私たちの体にはがん細胞から身を守る免疫機能がそなわっています。しかし、睡眠が足りないとこの機能が低下。がん細胞が活性化してしまうのです。事実、睡眠時間が6時間以下の人は7~8時間の人と比べ男性の前立腺がんが1.34倍、7時間の人と比べ女性の乳がんが1.62倍も多かったという研究データも。さらに、睡眠が悪いとアルツハイマー型認知症になりやすいという報告もあります。アルツハイマー型認知症は脳が活動する際に発生する老廃物アミロイドベータが神経細胞を傷つけることで起こります。このアミロイドベータは眠っている間に脳の外に排出されることが分かっています。つまり、十分な睡眠がとれていないとアミロイドベータが蓄積しアルツハイマー型認知症の発症リスクを高めてしまうのです。睡眠不足はその他にも肥満や糖尿病、高血圧、心疾患など様々な病気のリスクを上昇させてしまうのです。

 

睡眠の質を高める方法

質の良い睡眠のためには午前10時までに日光を浴びることが大切です。すると、夜にメラトニンという睡眠を促すホルモンがしっかり分泌されるようになるのです。朝10時までに外に出なくても窓から射し込む光の中で30分以上過ごすだけでも効果があります。また、メラトニンはバナナや大豆製品、乳製品に多く含まれるトリプトファンからも作られます。

午後3時以降の昼寝は夜間の睡眠の妨げになります。どうしても眠くてつらいときは15分だけ仮眠をとるようにしましょう。

他にも睡眠の妨げになるのがアルコール。アルコールは寝付きが良くなる反面、睡眠の質を大幅に低下させてしまいます。

眠る前のスマホは言語道断です。ブルーライトがメラトニンを抑制してしまいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。