テロメアを早く短くする危険なネガティブ思考&テロメアの長さを保つマインドフルネス|名医とつながる!たけしの家庭の医学

テレビ朝日の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で人間の寿命を左右する「身体の中の靴ひも」について放送されました。

 

私たちの誰もが身体の中に持っているという靴ひもに全身の老化を止め、ひいては寿命を延ばす力が秘められていることが最新の研究で分かってきました。寿命を左右する身体の中の靴ひもは2本が対になって並んでいます。両端にあるのが、靴紐の先がほどけないように細く束ねているプラスチックの部分に相当します。そのプラスチック部分を「テロメア」と言います。このテロメアこそ私たちの寿命を左右すると言われています。テロメアは年をとると共に徐々に短くなってしまい、それが寿命と関係していると言われています。さらに、近年テロメアが短くなることが様々な病とも関係していると世界中の研究者から報告され始めています。

 

愛知県がんセンター研究所・遺伝子医療研究部部長の松尾恵太郎先生によると、テロメアが短いと長い人よりもがんになるリスクが3~4倍高いそうです。10~15年くらいの間に実際に人でテロメアの長さを測定して短い長いでがんのなりやすさが違うという研究が出てきたと言います。テロメアの長さを長く保つことができれば、がんの発症リスクが低下。つまり、がんの予防効果が期待できると言うのです。

 

日本動脈硬化学会理事で千葉大学大学院教授の横手幸太郎先生は、動脈硬化とテロメアの関係に注目しています。横手先生は、動脈硬化を予防する一つの方法としてテロメアの長さを維持することはとても重要だと言います。

 

日本認知症学会理事で国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生によると、テロメアが短いと脳機能が低下する、海馬が委縮しているという報告が出てきたと言います。テロメアの長さを保てば脳の萎縮をストップ。物忘れの予防に繋がる可能性があると言うのです。

 

テロメアは細胞分裂が起こることで徐々に短くなってしまいます。細胞が数百回分裂するとテロメアはギリギリまで短くなります。ギリギリまで短くなると細胞は分裂ができなくなります。その結果、古い細胞が生き残るので老化が進むのです。つまり、テロメアが短くなることこそ、人の体の老化を進める原因の一つなのです。そして、その老化の先に待ち受けているのががんや動脈硬化といった命に関わる体の異常。テロメアが短くなると全身様々なところに悪影響を及ぼし、寿命も短くなると考えられているのです。テロメアの長さは同年代でも人によって長い人もいれば短い人もいます。では、テロメアが長い人と短い人の差はなぜ生まれてしまうのでしょうか?

 

その原因の一つが「物事の考え方」だと言います。同じ出来事でも人によって受け止め方が違うとテロメアの短くなり方が速い遅いが違ってくることがカリフォルニア大学サンフランシスコ校のエペル教授の最新の研究で分かったと言います。

 

あなたのテロメアは短くなるスピードが速い?遅い?

1、久しぶりに孫が遊びに来て大喜びのあなた。そこで、プレゼントを用意しました。しかし、孫はプレゼントがお気に召さなかった様子。こんな時あなたならどう思いますか?

A:失敗したと後悔する
B:孫の好みがわかって良かった

2、友達と小旅行に出かけることになったあなた。普段はあまり車を運転しないペーパードライバーなのですが、せっかくの旅行なので運転を買ってでました。すると、壁に接触。車に小さな傷が。こんな時、あなたならどう思いますか?

A:運転しなければよかったと後悔
B:傷は気にせず旅行を楽しむ

3、最近胃に痛みを感じるようになったあなた。ちょうど健康診断のお知らせが届きました。こんな時、あなたならどう思いますか?

A:悪い病気が見つからないか心配になる
B:どこが悪いのかしっかり検査しようと思う

 

結果

Aを回答した人はネガティブ。Bと回答した人はポジティブ。

最近の研究によると、ネガティブな人がテロメアが短くなるスピードが速いと報告されています。詳しいメカニズムは分かっていませんが、物事をネガティブにとらえがちな人はポジティブな人よりもストレスが多く、そのストレスがテロメアを短くするスピードを速めてしまう可能性があると考えられています。さらに、ネガティブ思考の人でもさらにテロメアが短くなるスピードを速めてしまう危険なネガティブ思考があることが分かってきたのです。

それは、まだ物事が起きていないのに悪い未来をつい先読みしてしまう悲観的な考え方の持ち主でした。問診の中では第3問、まだ受けてもいない健康診断の結果を悪く先読みし強い不安を感じてしまうのが危険なネガティブ思考ということになります。しかし、物の考え方はそう簡単には変えられません。ところが、危険なネガティブ思考の人でもテロメアの短くなるスピードをゆるめる最新の方法があるのです。それがマインドフルネスです。

 

マインドフルネスのやり方

1、背筋をまっすぐにして座る
2、目を閉じる
3、手は楽な位置に置く
4、普段通りに呼吸をする
5、呼吸の音を聞く(呼吸に意識を集中)
雑念が浮かんできても気にする必要はありません。雑念が浮かんだと受け入れ再び自分の呼吸に意識を集中させます。
6、これを3分間行う(キッチンタイマーなどを使う)

マインドフルネスは毎日複数回行うことがオススメです。では、なぜ呼吸に意識を集中することがテロメアの長さをコントロールすることに繋がるのでしょうか?

マインドフルネスをするとストレスが軽減されます。ストレスが軽減するとテロメアを守ってくれるということが分かってきたのです。そもそも、私たちの頭の中は今現在起きていることに加えて、ちょっとした未来のことや過去のイヤな出来事などいくつもの思考が次々と思い浮かんできてしまいます。中には「仕事でまた失敗するかも」といって悪い未来の先読みもありテロメアをより早く短くしてしまうストレスを作り出してしまうこともあります。でも、今呼吸をしていることに意識を集中できれば、その意識が頭の中でどんどん大きくなりテロメアを短くするネガティブ思考が押し出されることになるのです。これをたった3分でも毎日続けることで今現在だけに集中するクセがつき、ひいてはストレスの軽減につながるというのがマインドフルネスの考え方なのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)