夏は老ける!バテる!紫外線・寒暖差の恐怖|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で夏は老ける!バテる!紫外線・寒暖差の恐怖について放送されました。

 

紫外線で老ける!その恐るべきダメージとは?

紫外線は100害あって1利のみと言われています。1利というのはビタミンDを生成すること。しかし、紫外線の作用の大部分は皮膚に対するダメージ、光老化を起こすことなのです。シミやシワなど肌の老化の約80%は紫外線による光老化です。

肌が紫外線を浴びると表皮の一番下にあるメラノサイトが活性化。黒いメラニン色素を分泌し、肌を黒くします。通常、メラニンは一定期間で生成はストップ。自然と剥がれ落ちシミにはなりません。しかし、紫外線を浴び続けるとメラノサイトに異常が起こりメラニンを過剰に分泌。いつしかシミになってしまうのです。さらに、コラーゲンなどを作り出す機能が低下し、真皮と呼ばれる肌の内部の構造が崩壊。皮膚の一部にひずみができシワになってしまうのです。

 

夏バテの以外な原因

紫外線は肌への影響だけでなく近年注目されているのが疲労との関係性です。紫外線は細胞や遺伝子を傷つけます。すると、体はそれらを修復しようと活動し私たちの意思と関係なく体力を消費。それによって疲労度が増してしまうのです。紫外線は夏のダルさに大きな影響を与えるのです。しかし、日焼け止めをことで疲労を軽減することができます。

 

寒暖差が起こす身体への影響

暑い屋外と涼しい室内との行き来。この寒暖差が身体に悪影響を及ぼすのです。対策はゆっくりお風呂に入ることです。38度くらいのぬるま湯に炭酸の入浴剤を入れるとより効果的だそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。