レプトスピラ症 川遊びで目が黄色に!?生き物から恐怖の感染|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で川のレジャーに潜むキケンな菌について放送されました。2007年9月、大学の准教授をつとめる張本文昭(はりもとふみあき)さんは沖縄で自然体験を指導していました。しかし、沢登りがきっかけで恐ろしい病を発症してしまいました。

 

張本さんは沢登り実習の後、数日間は何事もなく過ごしていました。しかし、10日程経った後、体がだるくなり38度を超える高熱が出ました。熱は下がらず頭痛や関節の痛みまで出るように。病院では風邪と診断され解熱剤が処方されました。しかし、さらに眼球が痛むようになり目が充血。救急病院へ行きました。張本さんの症状は風邪に似ていましたが鼻水や咳はありませんでした。医師からレプトスピラ症だと診断されました。

 

レプトスピラ症は、初期は発熱や頭痛、関節痛など風邪のような症状を発症。さらに、眼球の充血などの症状があらわれます。悪化するとワイル病と呼ばれ肺出血や腎機能障害を引き起こします。さらに、特徴的なのが黄疸です。レプトスピラ菌は肝臓の細胞に影響を及ぼします。菌により肝細胞が障害を受けるために黄疸になってしまうのです。髄膜炎や多臓器不全などを起こすと死亡することもあります。原因となるのはレプトスピラ菌という細菌です。レプトスピラ菌はネズミやイノシシ、犬などの哺乳類が保有していることが多く、沖縄でよくみられる哺乳類がマングースです。マングースもレプトスピラ菌を媒介する動物の一つです。それらに直接触れたり排泄された尿に接触することで皮膚の傷、または鼻や口などの粘膜から人にも感染してしまいます。

 

しかし、張本さんはマングースなどの動物に遭遇していませんでした。実は実習の2日前、沖縄には台風11号が近づき天候は大荒れ。川は増水しました。このとき、マングースの尿などレプトスピラ菌をお含んだ森の中の土が川の中へ。レプトスピラ症の感染は大雨や洪水の後の数日が危険と考えられています。増水した川とつまずいてできた傷、そんな状況からレプトスピラ菌が張本さんの体内に侵入したと思われました。

 

張本さんにはレプトスピラ症に効果的な抗菌薬が投与され5日間の入院となりました。レプトスピラ症は河川でのレジャーが盛んな夏から秋にかけて感染者が増えます。沖縄では2016年に川遊びをした子供たちの集団感染も起こっています。川に行った後、咳や鼻水が出ないのに熱や体の痛みが続く場合にはすみやかに医療機関を訪れ、川に行ったことを告げることが大切です。レプトスピラ菌には有効な抗菌薬があり、早期に適切な治療をすれば重症化を防ぐことができます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。