3秒両脚アップで大腰筋を鍛えぽっこりお腹を解消する方法|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」健康的にラク痩せ!ダイエットSPでぽっこりお腹を解消する3秒両脚アップについて放送されました。

 

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授の久野譜也(くのしんや)さんによると、ぽっこりお腹の原因は座り過ぎ生活にあると言います。1日の平均座り時間が太っている人は標準体重の人に比べ2時間44分も長く、座り過ぎ生活は太ってしまうことがアメリカの研究で証明されました。では、なぜ座り過ぎるとぽっこりお腹になるのでしょうか。

 

座り過ぎ生活をしていると大腰筋という筋肉が衰えることが研究で分かっています。大腰筋とはお腹の奥にある大きな筋肉です。背骨のS字カーブを作り、正しい姿勢を維持するために働いています。大腰筋が衰えると猫背になる骨盤は後ろに倒れます。すると、内臓が前に押し出されてしまいます。これが座り過ぎ生活でぽっこりお腹になる大きな原因です。

 

大腰筋年齢チェック

1、背筋を伸ばして椅子に座る
2、脚を肩幅に開き胸の前で腕を組む
3、椅子から立つ座るを素早く繰り返す

10回繰り返した時のかかった時間で大腰筋年齢が分かります。

 

結果

~9秒 20~39歳
~10秒 40~49歳
~12秒 50~59歳

男性
~13秒 60~69歳
~17秒 70歳以上

女性
~16秒 60~69歳
~20秒 70歳以上

大腰筋はどんなに歳をとっても鍛えて若返ることができます。

 

3秒両脚アップ

1、椅子に浅く座り両手で椅子の端を軽くつかむ
2、両脚を3秒かけて上げて3秒かけて下ろす
(反動をつけたり身体を反らし過ぎないことが重要)

1度に10回、1日3セット行いましょう。

 

ジャイアントウォーク

巨人のように大股で歩くエクササイズ。太ももを高く上げ、いつもの1.5倍の歩幅で歩きましょう。連続して10分以上行うとより効果的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)