沈黙の虫歯|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で沈黙の虫歯について放送されました。

 

沈黙の虫歯セルフチェック

1、炭酸飲料・柑橘系の酸っぱい飲み物が好き
2、歯茎が下がってきた気がする
3、冷たい物が歯にしみる
4、10年前に治療した歯が多い

 

結果

1つでも当てはまれば注意が必要です。

 

子供の頃とは違い、成長すると歯の表面(エナメル質)が緻密になり虫歯になりにくくなります。しかし、年齢とともに歯茎が下がると今まで歯茎に守られてきた弱いところ(象牙質)がおかされて、じわじわと虫歯になってくるのです。

 

なぜ痛みがないの?

成熟した歯は外からの刺激から神経を守ろうと象牙質が内側に膨らみます。そのため、進行してもなかなか痛みを感じず沈黙の虫歯に。痛みを感じた時には歯が折れて手遅れになってしまうこともあるのです。

 

虫歯になりやすい人となりにくい人の違いとは?

口腔内は中性です。口の中が中性の時には虫歯菌も活動はしていません。つまり、そのままでは虫歯になりにくい状態なのです。しかし、食事をすると口の中は一時的に酸性になります。これは虫歯菌が活発に動き出したため。酸性度が高いほど虫歯になりやすいのですが、その状態をリセットするのが唾液の働きです。酸性になった口腔内を中性に戻す能力を酸緩衝能と言います。この数値が高ければ虫歯菌をおとなしくさせることができるため虫歯になりにくいのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。