日本人の体質にあう健康法|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で日本人の体質にあう健康法について放送されました。紹介していたのは内科医の奥田昌子(おくだまさこ)先生。今、話題の著書「欧米人とはこんなに違った日本人の体質」から日本人ならではの健康法を紹介していました。日本人は欧米人と体質が違い、例えば胃の形や胃酸の分泌量も違います。そのため、欧米で流行っている健康法が日本人には合わないことがあるのです。

 

日本人の死因ランキングでがん(悪性新生物)に次いで第2位は心臓病です。いわゆる突然死の7割が心臓病です。しかし、世界的にみると日本は心臓病は極めて少ない国です。その理由は日本人が魚を沢山食べているからです。青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、血管を詰まりにくくする効果があります。日本人の魚介類の消費量はアメリカ人の4倍と世界トップクラスです。そのため日本人の血液には血管を詰まりにくくするEPAとDHAが非常に多く、心臓病になりにくいのです。しかし近年、食の欧米化による魚離れが進み、比例して心臓病にかかる人が増加。1日に必要な青魚は90gです。

 

骨を丈夫にする健康法

様々な栄養素をバランスよく摂取している日本人の食生活ですが、唯一の例外がカルシウム。1日に必要な量の600mgをほとんどの人が摂れておらず、カルシウムの摂取量は先進国の中で最も少ない国です。しかし、毎日みそ汁を飲むことで骨が丈夫になると言います。味噌などの大豆製品に含まれるイソフラボンには骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ効果があります。日本人にとって骨を丈夫にするための最適な方法は摂ったカルシウムを逃がさないことなのです。

日本人は牛乳に含まれる乳糖を分解できない人が多いです。昔から牛乳を飲む文化があった欧米の人は9割の人が乳糖を分解できますが、日本人は3割しか乳糖を分解できないと言われています。

 

便秘解消法

お米は水分を保持したまま大腸まで到達し、便を柔らかくする効果があります。さらに、おにぎりのようにお米が冷えるとでんぷんの約20%が胃で消化しにくいレジスタントスターチに変化します。このレジスタントスターチは胃で消化されずに大腸まで直接届くので便秘改善にさらに良いと言われています。

 

がん予防

がんは日本人の死因第1位の怖い病気です。特に胃がんは欧米では少ないのに、日本人に発症率の高い病気です。胃がん予防に効果的なのが緑茶です。緑茶に含まれる緑茶ポリフェノールの血中濃度が増えると、女性で胃がんの発症率が3分の1にまで減ることが分かりました。しかし、喫煙者は緑茶を飲みすぎると胃がんの発症率が逆に上がってしまうと言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。