5秒腹筋|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で5秒腹筋について放送されました。5秒腹筋は寝っころがらず立ったままでき、効果は通常の腹筋の5倍以上あります。紹介していたのはフィットネストレーナーで国士館大学特別研究員の松井薫(まついかおる)さん。

 

下腹・二段腹に効く5秒腹筋

1、両手で拳を作り首の根元に小指をあて後頭部を固定する
2、肘の位置を耳より上にする
3、片足を一歩前に出しつま先に力を入れる
4、鼻から息を吸いこみお腹をへこませる
5、口から息を吐きながら腹直筋を上から押すように力を入れる(5秒キープ)
6、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻る

この運動はイメージを膨らませながらすると効果的です。お腹に空き缶をイメージし、これを縦に潰していくイメージで行いましょう。そうすることで腹筋が圧縮される動作をより認識しやすくなるため何も考えずに筋トレをしている時に比べ効果的に鍛えられると考えられています。1日10回、3セット行いましょう。

 

脇腹のたるみに効く5秒腹筋

1、両手で拳を作り首の根元に小指をあて後頭部を固定する
2、右足を一歩前に出しかかとに力を入れる
3、息を吸ってお腹をへこませる
4、口から息を吐くのと同時にゆっくりと右わき腹をねじりながら腹斜筋に力を入れる(雑巾をギュッと絞るイメージ)
5、この状態で5秒キープ
6、鼻から息を吸いながら元の姿勢に戻る

左右10回ずつ1日3セット行いましょう。

 

ぽっこりおなかに効く5秒腹筋

1、うつ伏せの状態で両肘を床につける
2、右手で丸を作りそこに左手をそえ頭を乗せる
3、手・ひじ・つま先を支えにしゆっくりと全身でアーチを作る
4、お腹に力を入れたまま5秒間キープ
5、床につかない程度まで身体を下げる

1日10回3セット行いましょう。

 

座りながらできる5秒腹筋

1、姿勢を正して椅子に座る
2、両手を机の上におく
3、左ひざを机を押し上げるように上げ両手は机を強く押す(5秒キープ)
4、元に戻す

左右交互に10回、1日3セット行いましょう。

 

武田修宏が2週間の5秒腹筋に挑戦

武田修宏(たけだのぶひろ)さんが2週間の5秒腹筋にチャレンジしていました。挑戦前のウエストは95cm、体重78kg、中性脂肪228mg/dlでした。2週間の5秒腹筋でウエストは90cm、体重75kg。中性脂肪98mg/dlになっていました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)