ジェット浪越の孫は今…|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」あのお騒がせスターは今…大追跡SPでジェット浪越の孫について放送されました。

1987年、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出演しお茶の間の話題となったのが指圧師・浪越徳治郎(なみこしとくじろう)さん。常に繰り出す「あーはっはっは」という豪快な笑い声で一躍大ブレイク。そんな浪越徳治郎さんにテリー伊藤さんが「ジェットコースターに乗っても笑っているのか?」という企画を持ち掛けました。すると、トレードマークの笑顔が消え失せ、何とも言えない表情をする姿が視聴者に大ウケ。ここから「ジェット浪越」というニックネームを付けられました。

 

そんな浪越徳治郎さんは、本業の指圧師としてもスゴイ人でした。1920年代、血管に指で圧をかけて血流を促す技法を生み出し「指圧」と名付けたのです。つまり、指圧の創始者。浪越徳治郎さんが指圧を施した相手はのべ30万人にも及んだといい、吉田茂やモハメド・アリ、マリリン・モンローまで施術しました。しかし、その後はテレビへの出演も減り、いつしか表舞台から姿を消しました。そして、浪越徳治郎さんは2000年に肺炎のため94歳で他界しました。

 

浪越徳治郎さんの孫・浪越孝(なみこしたかし)さんもまた指圧師になっています。帝国ホテルプラザに「浪越孝指圧サロン」を構えて9年。その顧客には小泉純一郎さんもいると言います。孝さんが指圧師になったきっかけは浪越徳治郎さんの信じられないエピソードがありました。実は、孝さんは2000gの仮死状態で生まれてきました。未熟児だった孝さんのお腹に浪越徳治郎さんは触れるか触れないかの高度な指圧を施しました。その結果、消化器系が刺激され孝さんは少しずつ母乳を飲めるようになったと言います。祖父の指圧に命を救われたことを知った孝さんは、幼い頃から指圧師の道を志すように。そして、浪越徳治郎さんに指圧の全てを習った孝さんは祖父の名に恥じぬゴッドハンドを身につけ、今では日本屈指の指圧師として世界中に指圧を広めています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。