内臓系のかゆみ&主婦湿疹&おしゃれ湿疹|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で冬の肌に注意報!放っておくと危険なかゆみの正体について放送されていました。解説していたのは旭川医科大学皮膚科の医師である山本明美先生。

 

内臓系のかゆみ

山本さんいわく全身がかゆいといった場合、肝臓の病気や腎不全、糖尿病など内臓の病気の疑いがあるので注意が必要だそうです。内臓の病気に本人が気づいていなくても、体の中で悪いものや異常に反応してβエンドルフィンが血中に出てきます。それが脳の中の細胞を刺激して痒みとして感じると考えられています。1カ月以上かゆみが続いたり、かゆみ止めの飲み薬や付け薬を付けてもかゆみが止まらない時は内臓に何かあるのかもしれないということを考えて病院に相談に行きましょう。

 

主婦湿疹

主婦湿疹とは炊事や洗濯といった家事で手に湿疹やかぶれが出てくることを言います。まずは指先から始まり、ひどくなると手全体に湿疹がでます。この主婦湿疹を防ぐためには、手早く洗いものを終わらすために浸け置き洗いをすると良いそうです。家事が終わったらキレイに手を洗って、こまめにハンドクリームを塗ることも大切です。

 

おしゃれ湿疹

おしゃれ湿疹とは最近若い人を中心に増えている湿疹です。髪の毛やネックレスが刺激になって首などに出る湿疹です。オシャレ湿疹の原因で最近増えているのがアクセサリーなどの金属。ネットなどで安価に手に入れることが出来るようになったアクセサリーですが、アレルギーを引き起こしやすい粗悪品も多いのです。

 

金属で湿疹が出る仕組み

汗が金属にふれると汗の成分が金属を壊し体内に入ります。体質にもよりますが、その金属が異常なものと判断するとアレルギーとして湿疹による痒みが生じます。金属以外にも革のベルトや静電気を起こしやすい衣服、個人でする毛染めなど注意が必要です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)