肩こりの原因はTCH!?歯と歯をくっつけるクセが肩こりに|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で肩こり解消について放送されました。

肩こりとは、姿勢の悪さ・運動不足・ストレスなどで筋肉の血流が滞り硬くなる状態。肩こりを根本的に治せるかもしれない切り札がTCHです。TCH(Tooth Contacting Habit)とは、上下の歯が軽く触れている状態のこと。歯科医学的には唇と閉じていても上下の歯は離れています。TCHのクセを持っていない人は、上下の歯が接触するのは物を噛む・会話・飲み込むなどの時だけです。それ以外の時に上下の歯が接触してしまうクセがある人はTCHです。最近、TCHをしている人が増加傾向にあるそうです。TCHは自覚がなくても、何かに集中することで起きる可能性があります。TCHが起きるのは、集中している時やストレスを感じている時が多いです。

 

TCHで最初に影響が出るのは顎関節。頬から顎にかけて噛むときに働く咬筋があります。咬筋は歯が少し接触するだけで働き始めてしまいます。TCHを続けていると、咬筋が働き続けてしまうので咬筋は疲弊。すると、頭から鎖骨にかけてある胸鎖乳突筋も緊張したままになり疲弊。そして、頭を支える僧帽筋も疲弊してしまいます。僧帽筋が疲弊すると肩こりになるのです。さらにTCHを続けアゴがズレることで、顎関節症になってしまうこともあります。顎関節症とは顎関節に負担がかかる事で周りの筋肉や関節に痛みが出る病気です。

 

TCHチェック方法

口を大きく開き舌をアッカンベーの様に出す

舌の周りがボコボコしていたらTCHをしている可能性があります。歯と歯が接触していると舌が歯に当たってしまうため、舌に歯型が残ってしまうのです。

 

TCHを治す方法

「歯を離して力を抜く」という張り紙を家のありとあらゆる場所に張りましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。