隠れ痔の原因と危険な日常の行動|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で隠れ痔について放送されました。

お尻は外側から2cmのところまでが肛門。その奥が直腸と判別されます。肛門の外にいぼが飛び出し痛みを感じるのがいぼ痔です。肛門が切れて痛みを感じるのが切れ痔です。隠れ痔は肛門部分にもできますが、その多くは直腸部分に出来ます。直腸部分は神経が通っていないため痛みを全く感じません。こんな症状のない、隠れ痔を抱えた隠れ痔主が急増中と言われています。

 

大人は3人に1人が痔だと言われています。痔の中の半分以上がいぼ痔です。いぼ痔の前段階が隠れ痔です。隠れ痔の多くの原因はいきむことです。排便時は常に直腸と肛門に負担がかかっています。すると直腸の粘膜部分が膨らみ隠れ痔ができてしまうのです。隠れ痔を放置していると肛門部分までいぼが広がります。いぼ痔へと進行し肛門からいぼが飛び出すようになり痛みを伴うようになってしまうのです。私たちはトイレの場面だけでなく、様々な生活の局面でいきんでいます。

 

隠れ痔を招く日常の行動

・重い物を持って歩く
・雑巾がけ
・牛乳1本を持って歩く
・自転車の立ちこぎ
・かがんで掃除機をかける
・咳をする
・鼻をかむ
・笑う
・激しい運動

 

隠れ痔チェック方法

1、トイレで3分以上いきむことが多い
2、便意がなくても毎日同じ時間にトイレに行く
3、常に全ての便を出し切ろうとする
4、朝食を摂らない事が多い
5、アルコールや刺激物をよく摂る
6、湯船に浸かるよりシャワーが多い

 

結果

3つ以上該当する人は要注意です。

 

隠れ痔を予防&改善する20秒お尻体操

1、排便後すぐに行う
2、肛門を上に引き上げるようにすぼめる(3秒間)
3、力を抜いて肛門をゆるめる(3秒間)
4、すぼめる動きとゆるめる動きを3セット行う




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。