冬こそ口臭に注意!|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」で冬こそ注意!口臭について放送されました。口臭について解説していたのは宝田歯科医院の宝田恭子さん。口臭の成分は大きく3つ。卵の腐ったような臭いを発する硫化水素、魚が腐ったようなニオイのメチルメルカプタン、野菜が腐ったような臭いのジメチルサルファイドです。これらの臭いは口の中に潜む雑菌が生み出しています。

 

口臭のリズム

口臭は食事のたびに下がります。口臭は唾液によって軽減されます。唾液が口臭の元となる口内細菌を撃退してくれるのです。ところが、冬は口の中が乾燥するので口臭の要注意シーズンです。

 

口臭予防エクササイズ

1、胸の前で腕をクロスさせる
2、舌を天井に向けて出す
3、舌を左右に8回動かす

舌の付け根の筋肉を使うことで唾液が分泌され口臭予防になります。このように唾液によってコントロールできる口臭は生理的口臭と呼ばれています。さらに口臭には何らかの病気が原因で発生する病的口臭というものがあります。

 

東京再生医療センターの清水智幸さんによると、病的口臭は胃の病気や糖尿病、歯周病などによって引き起こされるそうです。中でも最も多い病的口臭の原因は歯周病です。30歳以上の日本人の8割が感染していると言われています。

歯周病原性細菌と呼ばれる細菌が歯と歯茎の間の隙間にたまって、そこから炎症が引き起こされて歯茎と骨が破壊されていきます。不完全な歯磨きによって残った口の中の食べかすや歯垢の中に潜む歯周病菌が歯茎や歯を固定する骨を溶かしていきます。また、歯周病の悪い人に心臓病が多いということが分かっています。歯周病菌が原因で心臓病や心筋梗塞を引き起こす可能性があるのです。歯周病菌が歯茎の表面を破壊し血管内に侵入。血管の内側に付着し悪玉コレステロールを集め動脈硬化を引き起こしてしまいます。硬くなった血管は血栓がが出来やすくなり、血栓が心臓の血管で詰まることにより心筋梗塞が起きてしまいます。

歯周病を治すには菌の住みかである歯垢を取ることが重要です。通常は半年~1年かかりますが、ペリオドという治療方法は歯周病を1日で治してしまうと言います。まずは超音波で細かい部分の歯垢を取り除き、レーザーを使って除菌。仕上げにアミノ酸の高圧噴射で細かく残った歯周病菌を吹き飛ばします。ただし費用は30万円~60万円かかるそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。