コーヒーが糖尿病の予防に効果あり?|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」名医が認めた身体に効く食べ物でコーヒーについて放送されました。

 

東京医科大学内科第三講座主任教授の小田原雅人さんによると、コーヒーを沢山飲む人は糖尿病の発症が少ないというデータがあるそうです。それは2005年ハーバード大学が発表した研究結果。全米の男女12万人の健康状態と食生活の関連を18年間にわたり追跡調査したものです。その結果、1日にコーヒーを一定以上飲む人は全く飲まない人に比べ糖尿病になる確率が女性で30%少なく、男性で50%少ないという事実が明らかになったのです。

 

コーヒーはもともと薬として重宝されていました。コーヒーの起源は今から約1500年前のアフリカの青年にあると言われています。エチオピアに住むヤギ飼いのカルディは、羊がコーヒーの実を食べているのに気づき、自分も食べてみると気分が爽快になり全身から力がみなぎってくるのを感じたのです。カルディは近くの修道院に持ち帰り、たちまち気つけ薬として世間に広まっていきました。のちにその種を焙煎して作った飲み物がコーヒーとして世界中に伝わったといわれています。

 

コーヒーの効果

コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールの一種が血液中の糖分の利用を促すインスリンの働きを活性化。それによって血液中の糖分が利用され血糖値が下がると考えられているのです。

糖尿病予防のためには砂糖を入れないで飲むようにしましょう。カフェインが影響を及ぼす可能性のある疾患もあるので持病がある人や妊産婦などは必ず担当の医師に相談しましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。