亜鉛欠乏症の症状と原因|ためしてガッテン

NHK総合テレビの「ためしてガッテン」で亜鉛欠乏症について放送されました。亜鉛欠乏症(あえんけつぼうしょう)は最初にイランで発見された病です。亜鉛が不足すると細胞の分裂・活動が低下することが最近明らかになりつつあります。現在、日本人の3割が亜鉛欠乏症予備軍と言われています。

 

亜鉛欠乏症の症状

食欲がない、水が苦い、下痢、激やせ、床ずれ

食欲不振と水が苦く感じるのは亜鉛不足による味覚障害です。味を感じる細胞は代謝が早いため亜鉛不足の影響を受けやすいのです。下痢は免疫細胞の活動が低下することによって起こります。その結果、激やせしてしまうのです。床ずれは皮膚の再生能力が低下するからです。

 

亜鉛が不足する原因

亜鉛は野菜や肉、魚など様々な食べ物に含まれています。しかし、薬によっては亜鉛不足を引き起こしてしまうものがあるのです。亜鉛は液体に溶ける時にイオンという状態となり、その結果電気が生じます。病気になった時、薬を飲むと亜鉛にくっつき体の外に排出してしまうことがあります。

 

亜鉛欠乏症を招く要因

・加齢
亜鉛の吸収が悪くなる、生活習慣病の増加、薬を多く服用

・食品添加物
亜鉛の吸収を妨げる

・ダイエット
偏食によって亜鉛不足に

 

亜鉛が多く含まれている食品

かき、牛肉、チーズ、そらまめ、いりごま、抹茶、のり




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。