かくれ不眠|ミヤネ屋

日本テレビの「情報ライブ・ミヤネ屋」でかくれ不眠について放送されました。

かくれ不眠とは不眠症になる一歩手前の状態のことで、自覚症状はなく気づかないうちに心身を蝕んでいくもの。放っておくと睡眠障害が健康を蝕み心筋梗塞や脳梗塞、うつ病にもなりかねない万病の元です。かくれ不眠は不規則な生活を送るサラリーマンだけでなく主婦や老人、子供たちにまで広がっていると言います。かくれ不眠になっている人は20代~40代の8割にもなるそうです(睡眠改善委員会調べ)

 

かくれ不眠の症状

・軽度かつ短期的な不眠
・集中力が途切れがちでやる気が出ない
・ストレスがたまり仕事のミスが増える

 

軽度かつ短期的な不眠とは

・時々眠れなくなる時がある
・朝起きた時、よく寝た感じがしない
・昼間眠気に襲われる時がある

 

かくれ不眠チェック

1、寝る時間は決まっておらず毎日バラバラである
2、平日にあまり眠らないため休日に寝だめをする
3、起きた時に「よく寝た」と思えない
4、寝つきが悪いことが多い
5、夜中に何度か起きてしまうことがある
6、思ったよりも早く起きてしまうことがある
7、よく昼間に居眠りしてしまうことがある
8、集中力が途切れがちでイライラすることが多い
9、最近、面白そうなことがあってもあまりやる気が出ない
10、自分は寝なくても大丈夫なほうだ
11、眠れないのは異常ではない
12、仕事が忙しいと寝ないで夜遅くまでがんばってしまう

 

ナルコレプシー

ナルコレプシーとは時と場所を選ばずに起きる過度の眠気発作を症状とする脳疾患です。発作が起きると眠気に耐えられず無意識に寝てしまいます。症状が進むと買い物の途中に寝てしまったり誰かと一対一で会話している最中でも無意識に眠り込んでしまうことに。また、怒ったり笑ったり感情がたかぶると強い脱力状態になるのも特徴で、上司に怒られている最中に眠ってしまうこともあります。ナルコレプシーはいまだに根本的な治療法はありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。