尿トラブル 膀胱訓練&骨盤底筋訓練|ミヤネ屋

日本テレビの「情報ライブ・ミヤネ屋」で尿トラブルについて放送されました。梅田ガーデンシティ女性クリニックの竹山政美さんによると、尿トラブルは体の不具合の最初の兆候であることがあると言います。

 

頻尿に隠された病気のサイン

昼間トイレが近い→膀胱炎、過活動膀胱、骨盤臓器脱、前立腺肥大症、膀胱がんなど
夜間トイレが近い→高血圧、腎機能障害、うっ血性心不全、睡眠時無呼吸症候群など

 

頻尿の定義

昼間8回以上トイレに行く、夜間に2回以上トイレに行く

 

正常の人の尿の量

尿を出す時は膀胱の筋肉が収縮して尿を押し出します。一方、尿道括約筋の筋肉は緩みます。一般人の尿量は1日1500ml。1回あたり200~350mlです。

 

頻尿のタイプ

1回の排尿量が少ない人は→過活動膀胱、前立腺肥大症、膀胱炎などの可能性
1日の尿量が多い人は→水の飲みすぎや糖尿病の可能性も

 

足のむくみ+夜間頻尿

夜、横になると足の水分が血管内に入って腎臓へ。夜間につくられる尿が多くなります。うっ血性心不全などの可能性もあります。対策としては日中、足を高くして横になる、弾性ストッキングをはくなどしましょう。

 

膀胱訓練のやり方

1、自宅で尿意を感じてもトイレを我慢(トイレが頭をよぎったら他のことを考える)
2、我慢する時間を増やす(5分→10分→20分)

 

骨盤底筋訓練のやり方

1、オナラを我慢するように肛門をゆっくりしめる(10秒間)
2、ゆっくりゆるめる
3、これを5セット以上行う




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。