慢性腎臓病|L4YOU!

テレビ東京の「L4YOU!(エルフォーユー)」で慢性腎臓病について放送されました。解説していたのは東京女子医科大学第四内科の新田孝作(にったこうさく)さん。

腎臓は体内の老廃物や毒素を取り除き体の健康を保つ大切な臓器です。現在、日本には慢性腎臓病(CKD)の患者が約1330万人いると言われています。成人の8人に1人は慢性腎臓病だと推測されます。慢性腎臓病は日本人に増え続けている新たな国民病と言われています。

 

腎臓の機能が低下する原因

糖尿病や高血圧などの生活習慣病によって腎臓の細い血管がダメージを受け、ろ過機能が衰えてしまいます。組織の多くが血管で出来ている腎臓にとって血管のダメージは命取り。特に塩分の多い食生活によって高血圧が進んだり、糖質・脂質の多い食生活を続けることで腎臓の血管には大きなダメージが。ダメージをうけた腎臓は部分的に機能を停止。機能が6割くらいまで下がってしまった状態が慢性腎臓病(CKD)なのです。慢性腎臓病が恐ろしいのは、この段階でも自覚症状が乏しいこと。それでも放っておくと血液中の老廃物を排出しきれず血管内はゴミだらけの状態に。その結果、疲労感や倦怠感など体の不調や強いむくみなどの症状が出てきます。これが腎不全(じんふぜん)と呼ばれる状態。こうなると腎機能の回復は望めず、透析による治療を受け続けなければならなくなります。また、慢性腎臓病によって脳梗塞や心筋梗塞の危険も高まります。

 

慢性腎臓病のステージ進行

ステージ1:腎障害はあるが正常、尿たんぱくが検出
ステージ2:軽度低下
ステージ3:中等度低下、夜間頻尿など自覚症状
ステージ4:高度低下、尿毒症、むくみ
ステージ5:腎不全

 

慢性腎臓病を未然に防ぐ検査

基本は尿検査による尿たんぱく検査です。腎臓のろ過機能が正常な場合、たんぱく質は血管内に留まり尿に混ざることはありません。しかし、腎臓のろ過機能に異常があると、たんぱく質が漏れ出し尿として排泄されてしまうことがあるのです。この尿検査は通常の健康診断の基本項目であり薬局などで売っている市販の検査キットでも調べることができます。しかし、尿検査だけでは不十分です。血中のクレアチニンの値を調べることが非常に重要です。血清クレアチニン検査は採血によって血液中の老廃物の一種であるクレアチニンの量を測定します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。