アゴがズレる原因&顎関節症の予防法|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で今アゴにある危険について放送されました。アゴは誰もがズレやすく、それによって様々な健康を損なうと言います。

 

アゴがズレる原因

・偏った噛みぐせ
例えば左側でばかり噛んでいると、その力は右側に流れていきアゴも右にズレてしまいます。

・噛み締め
身体に力をいれる時、あまり食いしばらない人もいれば強く歯を噛み締めるクセがある人もいます。この噛み締めがアゴがズレる原因です。ただし重い物を持った時などの瞬発的な噛み締めは一時的なものなのでアゴがズレる心配はありません。問題なのは仕事中や緊張した時に噛み締めをするクセがある人。長時間の負担をかけてしまうため、アゴがズレる危険性があります。

・歯ぎしり
音がするほどの力で歯をこすり合わせる歯ぎしりはもちろん、音はしなくても長時間アゴに負担を与える隠れ歯ぎしりもアゴがズレる危険を伴うのです。

 

歯ぎしりチェック

1、糸切り歯が平らに削れている
2、舌の左右に歯型が付いている

 

顎関節症(がくかんせつしょう)の原因の一つは強い噛み締めや歯ぎしりでアゴを動かす筋肉が炎症を起こすため。もう一つはアゴの関節同士のクッションの役割をする関節円板のズレ。神経や血管が上下のアゴの骨に挟まれ激しい痛みを引き起こします。顎関節症は診断が難しいため、顎関節症科などの専門医に診てもらう事が大切です。顎関節症の場合、完治は難しいです。ただし、症状を軽減することはできます。

 

顎関節症を予防する咬筋マッサージのやり方

1、下アゴに両手を添えこめかみに向かって頬を押し上げる
2、この動きを2~3回繰り返す
3、やっている間、歯と歯を合わせないことがポイント

 

顎関節症を予防するあっぷっぷ体操のやり方

1、口を閉じ歯と歯の間を開けて口を膨らませる
2、上下左右に動かす




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。