心臓脂肪が突然死を引き起こす| L4YOU!

テレビ東京の「 L4YOU!(エルフォーユー)」で心臓脂肪について放送されました。解説していたのは心臓画像クリニック飯田橋の寺島正浩(てらしままさひろ)さん。

脂肪といえば、普通はお腹や二の腕につくというのが一般的ですが、心臓の周りをベッタリ覆うのが心臓脂肪(しんぞうしぼう)です。通常、脂肪は食事から脂質や糖質を摂ることで体の中にある脂肪細胞の中に送られます。しかし、食べすぎや運動不足の生活習慣が続くと脂肪細胞の許容量を超えてしまい、余った脂肪は行き場を失い心臓の周りに蓄積。これが心臓脂肪がついてしまうメカニズムです。

 

心臓の外側には心臓に栄養を送るための冠動脈がはりめぐらされています。ところが心臓の周りに脂肪がたまると徐々に冠動脈は脂肪で覆われていってしまいます。脂肪が冠動脈の周りにたまると脂肪から冠動脈に毛細血管が伸び始め冠動脈と結合。すると、脂肪の中で発生した猛毒サイトカインが結合した冠動脈の中へと侵入。血管壁に炎症を起こし血管を詰まらせるプラークを作ってしまうのです。

 

心臓脂肪に注意が必要な人

・最近急に体重が増えた人
・アルコール摂取量が多い人
・血糖値・血圧・コレステロール値が高い人

 

心臓脂肪の解消法

心臓脂肪の主な原因は脂質や糖質の摂り過ぎです。当然食生活を改善すれば良いのですが、食事制限をするのは難しいです。そこで寺島先生がすすめるのは「適度な運動」と「十分な睡眠」です。運動は心拍数100~120くらいの運動を30分程度続けるようにしましょう。また質の良い睡眠をとることで効果的に心臓脂肪が消費できます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。