足の裏の歪みと隠れ偏平足|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」アカデミヨシズミで足の裏の歪みについて放送されました。

足の裏は体を支える土台です。足の裏にある3つのアーチがクッションの役目を果たし地面からの衝撃を吸収することで体の各関節に余計な負担をかけないようにしてくれています。しかし、その土台である足の裏が歪みバランスが崩れてしまうと、膝のバランスが崩れ腰、肩、首と体全体のバランスが崩れてしまうのです。その結果、腰痛や膝の痛み肩こりを引き起こしてしまいます。

 

本来、足の裏の重心はかかとから土踏まずの反対側を通り親指に抜けていくのが理想です。座っている時は足の裏に土踏まずがあっても、歩くと土踏まずがなくなってしまうのが隠れ偏平足です。隠れ偏平足の原因は幼い頃はわずかだった骨格の歪みが長年の歩き方のクセによって大きな歪みになってしまうこと。次第に足首の骨が内側に倒れこみ歩いた時に足裏のアーチが消えてしまうように。この状態になると足首が「く」の字になってしまいます。

 

足裏健康チェック

1、歩くとすぐ疲れる
2、足の裏がよく痛くなる
3、5秒以上片足で立っていられない
4、歩くとすねの両側の筋肉が痛くなる

 

結果

2個以上当てはまる人は隠れ偏平足の可能性があります。

 

隠れ偏平足の対策法

医療用中敷きで土踏まずを押し上げ骨格を正しい位置へ戻します。

 

市販の中敷きの選び方

1、土踏まずの部分が立体的に作られぴったりフィットする
2、中敷きの土踏まずがつぶれない硬い素材のもの
3、かかとがしっかりホールドされるもの

 

足裏筋肉の鍛え方

・足指じゃんけん
裸足で両足の指をグー・チョキ・パー(20回)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。