まぶたの衰えが体調不良の原因に|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」アカデミヨシズミで体調不良とまぶたの力の衰えについて放送されました。

 

梶田眼科の梶田雅義(かじたまさよし)さんによると、まぶたの力が衰えると頭痛や肩こりになることがあると言います。まぶたには眼瞼挙筋(がんけんきょきん)とミュラー筋があり目を開けるための筋肉です。この2つの筋肉が衰えてしまうと、まぶたが垂れてきてしまいます。まぶたが垂れてくると視野が狭くなってきて、物を見るときに無意識のうちに頭を後ろに傾けてしまいます。この姿勢が首や肩の筋肉へ余計な負担をかけてしまいます。

 

本を読むときなど近くの物を見るときに働いているのは副交感神経。ところが、まぶたの力が衰えてしまうとまぶたを無理に上げようとするため交感神経が頑張ってしまい自律神経同士がせめぎ合ってしまいます。その結果、自律神経のバランスが崩れ頭痛や肩こり、腰痛、慢性疲労といった様々な体の不調が起きてしまうのです。

 

まぶたが下がってしまうことを眼瞼下垂(がんけんかすい)と言います。まぶたの筋肉は非常に薄いため加齢はもちろん目をこすることでも伸びたり切れてしまうのです。

 

自宅で出来るまぶたの衰えチェック法

1、糸を6cmに切る
2、医療用テープの接着面を外側にして輪を作る
3、糸を挟みこんで1円玉2枚を貼り合わせる
4、もう片方の糸の先にテープをつけまぶたのふちに貼る
5、ゆっくり目を開ける

 

結果

まぶたが瞳孔に掛かっていなければ、まぶたは衰えていません。少しでも瞳孔にかかっていたら瞼の力が衰えていると考えられます。

 

まぶたの衰え予防トレーニング~眼瞼挙筋を鍛える方法~

1、45度くらい体を前に倒す
2、まぶたを10回上げる
3、1日3セット行う

 

まぶたの衰え予防トレーニング~ミュラー筋を鍛える方法~

1、頭を後ろに反らせる
2、まぶたを10回上下させる
3、1日3セット行う




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。