機能性ディスペプシアの原因と治療法|ゆうどきネットワーク

NHK総合テレビの「ゆうどきネットワーク」で機能性ディスペプシアについて放送されました。検査しても異常がないのに胃のもたれや痛みの症状に苦しむ人がいます。薬も効かず病院を転々とする人も多いこの病気は機能性ディスペプシアという病気です。胃の運動機能や知覚が異常をきたしているのです。患者は推定で1000万人以上。2013年3月には健康保険が適用されるようになりました。

 

機能性ディスペプシアの主な原因は胃の運動機能の障害とされています。正常な胃は食べ物が中に入ると上部が広がり食べ物をいったん内部にためます。しかし運動機能に障害がある胃は上部が広がりにくく、それが食べてすぐの膨満感や胃もたれにつながると考えられています。運動機能の障害には胃の中の食べ物をうまく送り出せないという異常も見られると言います。また胃が内部の刺激に敏感になる知覚過敏も原因の一つと考えられています。そのため胃酸による痛みなどを感じやすくなっていて胃痛につながるとされています。

 

機能性ディスペプシアの症状

・少量の食事でも満腹になる
・食後の胃もたれ
・胃の痛みがある
・胃が焼ける感じがする

 

機能性ディスペプシアの治療法

・投薬
・ストレスの軽減
・適度な運動
・生活習慣の改善




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。