腎臓と脱水の危ない関係&腎臓いたわりメニュー|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で腎臓と脱水の危ない関係について放送されました。

 

夏のすごし方と腎臓の関係とは?

腎臓には糸球体(しきゅうたい)という毛細血管が毛糸玉のように丸まった組織が左右に約100万個ずつあります。ここに血液が流れると分子が大きい血球やたんぱく質などの栄養素は通さず、分子が小さい老廃物や余分な水分は通過。つまり糸球体で血液がろ過されることで尿は排泄されるようになっているのです。腎臓には尿を作る他に体の水分量のバランスを調節する大きな役割があります。実はこの働きが夏の過ごし方と腎臓に深く関わっていると言います。人間の身体を構成する細胞は水分、たんぱく質、ミネラルなどからなり約60%は水分で出来ています。このバランスを保つため腎臓は血液をきれいにして再吸収したり、尿を排泄したりして調節しています。しかし、その働きを妨げるのは暑い日に飲みたくなるお酒や過剰な塩分の摂取です。

 

アルコールと塩分の影響とは?

腎臓は身体の水分バランスを保ち塩分濃度を調整する働きがあります。過剰な塩分を摂りすぎた場合、体内に水分を溜め込むことで濃度を一定に調節。そのため尿を排出しなくなってしまいます。さらに体内の塩分濃度が高くなってしまうと血圧が上昇。すると毛細血管で出来た糸球体に圧力がかかり傷ついてしまう可能性もあります。水を飲みすぎるとむくむと思いがちですが、実は過剰な塩分を摂ることがむくみの大きな原因なのです。またアルコールの利尿作用によって尿量が増えると陥りやすいのが脱水状態。体内の水分量が減るとろ過する圧力が下がってしまい老廃物をうまく出せなくなってしまいます。そのような状態が腎臓に障害を与える可能性があるのです。

 

脱水が引き起こす危険とは?

また夏には汗をかくことで尿路結石の危険性も高まります。尿路結石はカルシウムとシュウ酸が結合して出来ます。その結石が尿に流されて移動し尿管に詰まると膀胱に尿が流れずせきとめられてしまい腎臓の出口を圧迫。激しい痛みを発するようになるのです。汗をかいて体内の水分量が減ってしまうと老廃物の量は変わらないまま尿に含まれる水分量は減るため尿は濃くなります。そして、その濃度が高くなるほど老廃物であるシュウ酸とカルシウムが結合。結石が出来やすくなってしまうのです。脱水に身体が慣れてしまった状態がかくれ脱水。かくれ脱水になると常に尿が濃くなり結石が出来やすくなります。またアルコールは尿酸値を高め脱水を招くことで尿酸が腎臓内で結晶化。尿酸結石となる可能性も。どちらの結石も防ぐためにはこまめに水分を摂ることが大切です。

 

腎臓のお疲れ度チェック

1、疲れやすい、立ちくらみがよく起こる
2、二日酔いになるほどアルコールをとることがある
3、塩分の多い食事を好む
4、足がよくつる
5、夜間によくトイレにいく

3つ以上当てはまる人は要注意です。

 

腎臓いたわりメニュー

番組では腎臓いたわりメニューが紹介されました。カリウムは身体にたまった塩分を排出してくれる作用があるため腎臓の健康にはとても効果的です。

 

アボカドと蒸し鶏のサラダの作り方&レシピ

1、少量の塩をふった鶏のささみに長ネギと生姜(2枚)と酒(大2)を入れレンジで2分加熱
2、鶏のささみの煮汁にレモン汁(大2)とオリーブオイル(大1)を混ぜドレッシングに
3、アボカド(1個)をひとくちサイズにカット
4、鶏のささみとドレッシング、アボカドを混ぜ合わせる
5、アーモンドを散らして出来上がり

 

さばと納豆の冷や汁の作り方&レシピ

1、さばの水煮缶(1/2缶)に味噌(大1)を加える
2、ひきわり納豆(1パック)とすりゴマ(大2)を加え混ぜ合わせる
3、白だし(大2)と冷たい水(400cc)を加える
4、ご飯に冷や汁をかけキュウリ、大葉、みょうがを適量のせる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。