いい汗をかいて代謝アップさせる方法|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」でいい汗かいて代謝アップについて放送されました。紹介していたのは五味クリニックの五味常明(ごみつねあき)医師。

 

悪い汗の原因

1、汗をかく機能の低下
汗腺は血液中から水分やナトリウム、マグネシウムなどのミネラルを取り込み汗として分泌します。この分泌された汗が蒸発した時に体から気化熱が奪われ体温が下がります。一度取り込んだ様々なミネラルは汗腺でろ過され再び体内へ吸収されます。そして再吸収されたミネラルは代謝などに使われるのです。この時かく汗が効率的な代謝にかかせない良い汗。しかし、汗腺がうまく機能していないと代謝に必要なミネラルを多く含んだまま体内に出てしまいます。これが悪い汗。こういった汗をかく人は脂肪が燃えにくい太りやすい体質の場合が多いです。

2、汗腺の休眠
汗腺は全身に約400万個あるのですが、現代人は半分程しか使ってないと言います。使われない汗腺は休眠状態に。そして多くの汗腺が休眠状態になると代謝も下がってしまうのです。多くの汗腺が休眠状態だと、残りの少ない汗腺で沢山の汗を出そうとするため一気に大量のミネラルが出てしまい悪い汗になってしまうのです。

 

悪い汗チェック

1、汗がベトベトしている
2、大粒の汗をドッとかくことがある
3、汗をなめるとしょっぱい
4、汗のニオイが臭い
5、汗をかくと疲れやすい

一つでも当てはまれば悪い汗をかいている可能性があります。

 

いい汗をかいて代謝をアップさせる方法

1、高温手足浴
42~43℃のお湯を浴槽の1/3程度ためます。そこにバスチェアを置いて座れるようにしましょう。そして前かがみになり手と足の先だけをお湯につけて10分間入浴。

2、微温半身浴
38~39℃のお湯を浴槽の半分程度ためます。みぞおちまでつけて約15~20分入浴します。

3、お風呂上りの乾燥
お風呂から上がった後、タオルで肌を軽く押さえて水気を取ります。そして体を冷やすエアコンはなるべく使わずウチワや扇風機で自然に乾燥させましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。