ミルフィーユ肩こり|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」アカデミヨシズミで慢性肩こりの秘密について放送されました。

 

筋肉はミルフィーユに似た多層構造をしています。表面の筋肉と深い部分の筋肉の間には筋膜(きんまく)と言う薄い膜が挟まっています。深い部分までほぐれないのは、筋肉の間にあるシワが寄った筋膜が邪魔をしてしまい刺激が深いところまで届かないからです。筋膜にシワが寄ることで肩の筋肉が何層にもわたってこってしまうミルフィーユ肩こり。その原因である筋膜のシワはなぜ出来てしまうのでしょうか。

 

長時間同じ姿勢を続けていることで筋膜がキュッとよじれてシワが寄ってしまうのです。例え良い姿勢をとっていたとしても筋肉はその形に収縮し、筋膜にはシワが寄ります。すると筋膜はシワがよったまま硬くなってしまうのです。

 

ミルフィーユ肩こり危険度チェック

・いつも同じ所にコリを感じる
・こった部分を押すと痛みが他の場所にも響く
・無意識に首や肩をもんでしまうクセがある
・コリを解消してもすぐに再発してしまう

 

筋膜のシワを伸ばす方法

肩こりがつらいからといって凝った部分をほぐしても筋膜のシワは伸びません。ほぐすべきは血流を促すながしポイント。肩こりの主なながしポイントは決まっています。筋膜マニピュレーションという治療法は訓練をつんだ理学療法士のいる整形外科などで受診できます。

 

90秒でできる筋膜ストレッチのやり方

1、肩甲骨を開くように腕を前に出して30秒キープ
2、上半身を起こし左右の肩甲骨をつけるようにヒジを曲げ30秒キープ
3、肩甲骨を引き起こすよう意識してバンザイポーズを30秒キープ

このストレッチを1日3回行うと効果的です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。