眠りの質を改善!熟睡する方法|ためしてガッテン

NHK総合テレビの「ためしてガッテン」眠りの質改善スペシャルでグッスリ朝まで熟睡する方法について放送されました。今、眠れないつらさを訴える人が増えています。その数3000万人。

 

アメリカ・ピッツバーグ大学のエリック・ノフジンガー博士は不眠の人に共通するある特徴を世界で初めて明らかにした論文を発表しました。ノフジンガー博士は熟睡できない7人の脳を精密に調べました。すると本来睡眠中休んでいるはずの脳の一部が熟睡できない人では異常な活動を示していることが分かったのです。それは古い脳の覚醒。人間の脳には古い脳と新しい脳があります。進化の過程で後から獲得した新しい脳は大脳新皮質と言います。その内側にあるのが古い脳。手にいれたのは人間がサルになる前。鳥類や哺乳類がほぼ共通した構造の脳です。例えばネコは外敵を警戒しながら眠ります。古い脳は本能を司る脳です。外敵に遭遇した時に逃げるか戦うか直感的に判断します。熟睡できない人は古い脳が覚醒しているため熟睡感が得られないのです。新しい脳(大脳新皮質)を獲得した霊長類は深く眠らないといけない事情があります。深く眠ることで脳の疲労を回復し、神経細胞を修復します。深い眠りがない人は日中頭が働かなくなったり、体がつらくなってしまうのです。

 

熟睡感を高めるには寝床でもんもんとする時間を短くすることが大切です。毎日眠れない経験を繰り返すと寝る前の本を見ただけで勝手に古い脳が覚醒。さらには寝室に向かうだけで勝手に覚醒反応が出るようになってしまいます。眠れない時は思い切って寝室から出ることが大切です。必要な睡眠時間は年齢が上がるにつれて減少します。中高年が7~8時間の睡眠にこだわると熟睡感の低下に繋がってしまいます。

 

脳を静める快眠わざ ~筋弛緩法~

筋肉を緊張させたあと、徐々にゆるめるだけで驚きの効果が出るといいます。
1、背筋を伸ばしすぎずだらけすぎず浅く腰かける
2、5秒間力を入れる
3、糸が切れたように一気に力を抜く
4、15秒以上力をゆるめる
筋弛緩法を眠る30分前に寝室以外の場所で行うといいそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。