正しい呼吸法で疲れやすさ&息切れを改善|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で正しい呼吸法について放送されました。正しい呼吸を身につければ疲れやすさや息切れなどが改善。健康的な毎日を送ることができます。

 

正しい呼吸とは

普段呼吸をしている時、肺の中の空気はすべて入れ換えしていると思っている人も多いですが、肺の中には常にある程度の空気が残っており、その空気の量のことを機能的残気量(きのうてきざんきりょう)と言います。健康の人の機能的残気量は40~60%。このおかげで肺が潰れず呼吸することができるのです。しかし、空気を入れ換える動きが鈍くなり残気量も多くなってしまうことがあります。すると、呼吸する際の空気量が少なくなり正しい呼吸が行えず呼吸数も多くなってしまいます。原因は呼吸筋が硬くなること。空気の入れ換えは肺で行われますが、肺が自ら動いているわけではありません。実はその周りにある呼吸筋が縮んだり広がったりする動作を行っているのです。そんな呼吸筋は年をおうごとに硬くなり動きが鈍くなってしまいます。すると肺を大きく動かすことができず残気量が多くなってしまうのです。また悪い姿勢や運動不足によっても呼吸筋は固くなります。

 

ストレスと呼吸の関係

脳から指令を受けた呼吸筋は肺を動かし吸ったという情報を脳に返します。しかし、ストレスが高まると脳と呼吸筋のやり取りに誤報が発生。結果、吸う指令を受けたにも関わらず吐いたなどの間違った情報が送られ呼吸が乱れてしまうのです。すると、肺の中の機能的残気量が増えてしまい正しい呼吸ができなくなってしまいます。

 

呼吸筋ストレッチ体操 ~体幹ストレッチ~

1、両手を頭の後ろで組み息をゆっくり吐きながら両腕を上に伸ばす
2、息をゆっくり吸いながら元の姿勢に
3、3~10回を1日3セット行いましょう

 

呼吸筋ストレッチ ~背中&胸のストレッチ~

1、両手を胸の前で組み息をゆっくり吸いながら腕を前に伸ばし背中を丸める
2、息をゆっくり吐きながら元の姿勢に
3、3~10回を1日3セット行いましょう

 

肩の上げ下げストレッチ

1、息を吸いながら肩を上げる
2、息を吐きながら肩を後ろに回しながら下ろす




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。