男性ホルモン テストステロンを増やす方法|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で知られざるホルモンの秘密について放送されました。紹介していたのは順天堂大学教授の堀江重郎(ほりえしげろう)さん。

 

ホルモンとは体内の情報を運ぶ化学物質。脳をはじめ甲状腺や内臓など様々な場所で作られ、全部で100種類にものぼります。中でも興味深いのが男性ホルモンです。一般的には男らしさに影響するホルモンと言われていますが、女性の体の中にも沢山あり健康面で重要な役割を担っています。女性ホルモンの主な成分はエストロゲン。男性ホルモンの主な成分はテストステロン。実は女性の体内にはテストステロンがエストロゲンの10倍もあるのです。そんな男性ホルモンがいつまでも若々しい女性でいるために重要な役割を果たしていることが最近の研究で分かってきました。

 

テストステロンが高い人は心筋梗塞のリスクが半分ほどに減ると言います。また、がんで亡くなるリスクも3割くらい減るそうです。しかし、男性の方が平均寿命が短いです。それは男性は加齢と共に男性ホルモンが減っていってしまうからです。一方、女性は更年期のあと減らないか少し上がってくることが分かってきました。

 

 

簡単に分かる男性ホルモンチェック

人差し指と薬指を比べて、薬指の方が長い人はテストステロンが多い傾向にあります。

 

テストステロンを増やす方法

1、睡眠
ホルモンは寝ている間に上がるため、良い睡眠をとることがホルモンが復活するのに非常に大きな条件となります。

2、食事
ネギ、タマネギ、ニンニクなど。ネギなどに含まれる含硫アミノ酸がテストステロンの生産を活性化。同時にたんぱく質も摂ると効果的です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。